呪術廻戦

【呪術廻戦】95話のネタバレ【禪院甚爾が復活!?】

呪術廻戦95話のネタバレを掲載しています。95話では、猪野の術式の詳細が明かされる。そして、オガミ婆によって禪院甚爾が復活させられる!?呪術廻戦95話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦95話のネタバレ

来訪瑞獣

ある日、猪野と七海は焼肉を食べに来ていた。

七海が「何故私の推薦にこだわるのですか」「君の術式なら準一級くらいすぐなれます」と言うと、猪野は「やっぱ筋って大事だと思うんスよ」「特に呪術師みたいに血生臭い職業は」「でも俺は頭悪いから筋の通し方が分からなくなることがある」「だから迷った時こう考えるんです」「「七海さんならどうするか」」「それで七海サンに認められずに一級ってのは嘘でしょ」と返す。

オガミ婆たちと対峙する猪野は、「ボチボチ俺も一級術師になっちゃうぞ」と言いながら、来訪瑞獣 一番「獬豸」を発動。

獬豸には追尾性能があり、オガミ婆の孫の腕に命中する。

「来訪瑞獣」は降霊術で、顔を隠すことで自らが霊媒となり、四種の瑞獣、獬豸・霊亀・麒麟・龍の能力を降ろし使用することができる。

猪野は「七海サンに任された以上2人を放ってはおけねぇがかといってコイツら引き連れていくのも違ぇよな」「ベストは瞬殺して後輩ちゃんズと合流だ」と考えていた。猪野の来訪瑞獣を見て孫が「婆ちゃん今の」と言うと、オガミ婆は「あぁ、奇遇よの」と返す。猪野は「事実に即し自分を律する」「慢心はない」と考えながら、二番「霊亀」を出そうとする。

禪院甚爾が復活!?

虎杖の全力の拳、玉犬の爪が粟坂に命中。

さらに、虎杖と伏黒のコンビネーションで攻撃していくが、粟坂はピンピンしていた。

粟坂の小刀による攻撃は虎杖の腹部を軽く切るが、伏黒の蝦蟇の舌で粟坂は飛ばされていく。

粟坂は「元気元気」「将来有望」「殺り甲斐がある」と言い平気で起き上がってくる。虎杖と伏黒は「なんでダメージがねぇんだよ」と驚いていた。

猪野が攻撃を仕掛けるが、孫がオガミ婆を守る。

猪野は「見立て通り大して強くねぇ」「だが何が何でも身を挺してババアを守りやがる」「何かある、急いだほうがいいな」と考えていた。そして、明らかにオガミ婆の雰囲気が変わる。

オガミ婆が「もうええぞ」と言うと、孫は「分かってるよ、婆ちゃん」と言って何かを飲み込む。猪野が獬豸で防ごうとするが、間に合わずオガミ婆は「禪院甚爾」とつぶやく。すると、孫の顔が禪院甚爾に変わっていく!?

<<前の話 95話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。