呪術廻戦

【呪術廻戦】94話のネタバレ【虎杖・伏黒・猪野VS3人の呪詛師】

呪術廻戦94話のネタバレを掲載しています。94話では、虎杖ですら破れないほど強固な帳の秘密が明らかになる。そして、虎杖・伏黒・猪野が3人の呪詛師と戦っていくことに!?呪術廻戦94話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦94話のネタバレ

帳の秘密

虎杖が思い切り帳を殴るが帳はビクともしなかった。

猪野は「まぁまぁの威力なだ」と言いながらも「マジかコイツ!?」「打撃だけなら七海サンとタメはるんじゃねーか?」と思っていた。伏黒が「相当強固な帳ですね」「どこか脆い所を探して一瞬でもいいから穴をあけないと」「中に入らないことには始まらない」と言うが、虎杖は「なんで?」と返す。猪野が「なんでっていいかこれは術師を入れない帳」「つまりバリアなんだよ」「バリアってのは自分を守る、囲うもんだろ?」「こういう場合は原則として帳を降ろしてる奴は帳の中にいるんだよ」と説明するが、虎杖は「でも原宿ではさ」と原宿の嘱託式の帳の話をする。

虎杖の話を聞いた猪野が「成程」「帳で自身を囲わずに外に出ることで発見・撃退されるリスクを上げて帳の強度も上げる」「コロンブスの卵というか」「いやでも結界術の基本ガン無視してんじゃねーか」「とんでもねぇ奴だな」「これならさっきの虎杖の一撃で破れなかったのも納得がいく」と言うと、伏黒が「その理屈なら帳の基はかなり目立つ所にあるんじゃないですか?」と言う。「より見つかるリスクを抱えて更に強度を上げるってわけか」と猪野が言う。伏黒たちの予想通り、渋谷Sタワーの屋上に3人の呪詛師がいた。

その一人が「でも気付いた所でだよ」と言う。Sタワーには改造人間がウジャウジャおり、すぐには上がってこれないようになっていた。が、虎杖と猪野が鵺で一気に屋上までやって来る。

虎杖・伏黒・猪野VS呪詛師

虎杖はワイヤーを呪詛師たちに引っ掛けるが、呪詛師たちはワイヤーをいなしていく。

虎杖は嘱託式の帳について事前に説明していた。「冥さんが言うにはもうそれには結界術が組み込まれてて後は誰かが呪力を込めればいいだけなんじゃないかって」と虎杖が伝えると、伏黒が「ってことはそれさえ破壊すれば呪詛師は後回しでいいってことですよね」と言う。予定通り猪野が帳の基を破壊しようとするが、基は全部で3本あり、残り2本がないことに気づく。

残りの2本は呪詛師の一人が持っていた。

虎杖は一瞬の隙を突いて呪詛師をワイヤーで捕らえる。

虎杖はワイヤーを利用して建物に逃げ込み、伏黒に鵺を解かせて呪詛師を落下させようとする。

猪野は2人の呪詛師と対峙。「カワイイ後輩もできたことだしここいらで活躍してボチボチ俺も一級術師になっちゃうぞ」と意気込んでいた。

虎杖が伏黒も元に現れ、落下した呪詛師を確認していた。伏黒は「俺は接地の瞬間を見てない」「死体がキレイすぎる」「術師といえど地上41階からの落下だぞ」「起きろ、たぬきジジィ」と言う。

呪詛師は「まったく」「若者は年寄りを労らんかい」と起き上がってきたのであった。

<<前の話 94話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。