呪術廻戦

【呪術廻戦】93話のネタバレ【五条悟救出作戦スタート】

呪術廻戦93話のネタバレを掲載しています。93話では、真人たちが虎杖を殺しに向かう方向で話が進んでいく。そして、虎杖・伏黒・猪野が封印された五条悟を助けるため、を解除する作戦に向かっていく。呪術廻戦93話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦93話のネタバレ

呪霊たちの動向

虎杖殺しちゃお」「大丈夫、宿儺なんていなくたって俺達なら勝てるさ」と真人は言う。

漏瑚は「100年後の荒野で笑うのは儂である必要はない」「呪いが人として立っていればそれでいい」と言ったことを思い出しながら、「宿儺は味方ではない」「復活したことで儂らが負うリスクの方が大きいかもしれん」「だが宿儺が復活すれば確実に呪いの時代が来る」「儂らは今の人間共とは違うのだ」「死すら恐れず目的のために裏表のない道を歩む」「それが偽物共にはない真髄だ」と言うが、真人は「違うっしょ」「軸がブレようと一貫性がなかろうと偽りなく欲求の赴くままに行動する」「それが俺達呪いだ」「あー、違うって言ったのは呪いの在り方で復活案自体はアリだと思ってるよ」「漏瑚と争う気もない」「だからゲームをしようよ」「俺が先に虎杖と遭遇したら奴を殺す「漏瑚が先なら指を差し出して宿儺に力を戻せばいい」と提案する。

「俺が先なら俺が殺る、いいな?」と脹相も参加する姿勢を見せる。真人が「夏油はどちらかと言えば漏瑚派だろ?」「どうする?」と聞くと、夏油は「私は獄門疆を見てないといけない」「遠慮させてもらうよ」「好きにするといい」「私にとって宿儺は獄門疆が失敗した時の代案に過ぎない」と返す。漏瑚は「馬鹿馬鹿しい」「術師達は虎杖も含め皆五条を助けにB5Fに向かって来る」「ならばここで待てばいい、ゲームにならん」と言うが、真人と脹相が「よーいドン」と向かって行くと漏瑚も「待たんか」と向かって行く。

夏油が「呪霊の方が君達より利口だな」と言うと、菜々子と美々子が「返せ」「私達はオマエに協力し非術師共を落とし続けた」「約束通り夏油様の肉体を返せ」「夏油様をこれ以上玩ぶな」と言う。

が、夏油は「返すわけがないだろう」「君達の頭まで空っぽにした覚えはないんだがね」「次術師と約束をする時は縛りであることを明確にするんだな」「消えろ、それともこの肉体に殺して欲しいか?」と返す。すると、菜々子と美々子は「後悔するぞ」と言い消えていった。夏油は「後悔か」「さてどんな味だったかな」とつぶやく。

五条悟救出へ

「ナナミーン」と叫ぶ虎杖。そこに、伏黒や七海が駆けつける。

メカ丸が今の状況を説明していく。

状況を把握した七海は「まず帳を解かなければ」と考え、「1級でしか通らない要請がいくつかある」「外に出て伊地知君とそれらを全て済ませて来ます」「3人はその間に術師を入れない帳を解いてほしい」と、虎杖・伏黒・猪野の3人に伝える。さらに、猪野に「日下部さんや禪院特別1級術師もこの帳内にいるハズです」「合流できた場合現状を伝えて協力を仰いで下さい」「それから二人を頼みます」と伝える。

七海に頼られたことに感動する猪野。猪野は虎杖と伏黒に五条悟がいなくなって困る2つのことが告げられる。まず一つは五条家の失墜。五条家は五条悟のワンマンチームであり、五条悟が効かせていた融通で救われていた術師が数多くおり、そういう連中が最悪消されてしまうことになる。もう一つはパワーバランスの崩壊。「五条悟がいるから」という理由で大人しくしていた呪詛師・呪霊たちが一斉に動き出してしまう。五条家の失墜で内輪がゴタついている間に戦争でも起きようものなら、日本では人間の時代が終わってしまう可能性がある。このことを頭に入れ、虎杖・伏黒・猪野の3人は五条悟を助けるため、まずは術師が入れない帳の解除に向かう。

そして、猪野の言った通り、さっそく五条悟が封印されたことで呪詛師た動き出していた。

<<前の話 93話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。