呪術廻戦

【呪術廻戦】90話のネタバレ【五条悟が封印される展開に!?】

呪術廻戦90話のネタバレを掲載しています。90話では、夏油らの切り札獄門疆の真相が明らかに。そして、五条悟が封印される展開に!?呪術廻戦90話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦90話のネタバレ

獄門疆

夏油は呪霊たちと麻雀をしながら「獄門疆は生きた結界源信の成れ果て」「獄門疆に封印できないモノはない」と言う。漏瑚が「だが流石に封印条件はあるのであろう?」と聞くと、「1分だ」と答える。「獄門疆開門後封印有効範囲半径4m以内に1分間五条悟を留めなければならない」と夏油が言う。それを聞いた漏瑚は、「おい、焼き殺すぞ」「よもやその無理難題を押しつけるために手を組んだのはではあるまいな」「その条件下でアレの1分」「蒙昧な人間共その一生を幾千積み重ねても釣り合わんぞ」とブチギレる。

五条の前に獄門疆が出現し、獄門疆が開門していく。

五条は瞬時にそこから離れようとするが、後ろから「や、悟」と声を掛ける夏油に気づく。

自らの手で去年殺したはずの夏油が現れ、「偽物?」「変身の術式?」と考えていたが、六眼がすべての可能性を否定し、五条の脳内に夏油との思い出が溢れ出す。夏油は漏瑚に「大丈夫、1分と言ってもね」「五条悟の脳内時間で1分だ」と答えていた。

五条悟が封印

夏油との思い出が蘇ったせいで、五条の脳内ではとうに1分が経過。そして、獄門疆に封印されていく。

五条は呪力を感じられず体に力も入らず「詰みか」と感じていた。「で、誰だよオマエ」と五条が聞くと、夏油は「夏油傑だよ」「忘れたのかい?」「悲しいね」と返す。「肉体も呪力もこの六眼に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている」「だが俺の魂がそれを否定してんだよ」「さっさと答えろ」「オマエは誰だ」と五条が言うと、「キッショ」「なんで分かるんだよ」と頭を外していく。

「そういう術式でね」「脳を入れ替えれば肉体を転々とできるんだ」「勿論肉体に刻まれた術式も使えるよ」「夏油の呪霊操術とこの状況が欲しくてね」「君さぁ、夏油傑の遺体の処理を家入硝子にさせなかったろ」「変な所で気をつかうね」「おかげで楽にこの肉体が手に入った」「心配しなくても封印はその内解くさ」「100年、いや1000年後かな」「君強す過ぎるんだよ」「私の目的に邪魔なの」と夏油が言うと、五条は「忘れたのか?」「僕に殺される前その体は誰にボコられた?」と返す。夏油は「乙骨憂太か」「私はあの子にそこまで魅力を感じないね」「無条件の術式模倣」「底なしの呪力」「どちらも最愛の人の魂を抑留する縛りで成り立っていたに過ぎない」「残念だけど乙骨憂太は君になれないよ」「おやすみ五条悟」「新しい世界でまた会おう」と言う。

冥冥と共に地下鉄線路を走る虎杖にメカ丸の通信が入ってくる!?

<<前の話 90話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。