呪術廻戦

【呪術廻戦】89話のネタバレ【五条悟が0.2秒の領域展開を発動!?】

呪術廻戦89話のネタバレを掲載しています。89話では、五条悟と特級呪霊らの戦いが繰り広げられる。五条悟が0.2秒間の領域展開を行い場を制圧していくが、そこに獄門疆が現れる!?呪術廻戦89話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦89話のネタバレ

真人らの策

電車から次々と呪霊が現れ、ホームの人々が襲われていく。

真人五条に攻撃を仕掛けるが、無下限呪術で攻撃は当たらなかった。

五条が真人を攻撃するが攻撃は躱される。真人が「人間のキショイ所1つ教えてやるよ」「いーっぱいいる所」と言うと、上から大量の人間がなだれ込んでくる。

さっきまで雑草で塞がれていた吹き抜けが解除されていた。五条は「やっぱ上にも呪霊か呪霊と組んでる呪詛師がいるな」「渋谷に閉じ込めている一般人を次々に投入するつもりか」と考えていた。

脹相が赤血操術「百斂」「超新星」を真人は無為転変「多重魂」「撥体」で五条を攻撃。

漏瑚も殴りかかる。無下限呪術で防がれ腕を掴まれるが、漏瑚は腕を外して逃げ去る。

漏瑚は「五条悟が虎杖悠仁とは違って冷酷さを持ち合わせていることは知ってる」「ある程度の犠牲を前提として確実に俺らを祓いにくるだろうと」「だが死者が増え生者も増え続けるこの状況ではそのある程度の天秤はもう機能しない」「貴様が今すぐしなければならないのは領域」「「無量空処」を展開することで領域内の呪霊らと人間を皆殺しにし領域外B5F投入前の人間を救うこと」「だがそれはできんだろう」「貴様の想定している犠牲は呪霊に殺される人間であって五条悟に殺される人間ではないからだ」「考えろ、迷え、集中するのだ」と考えていた。

0.2秒の領域展開

が、呪霊らの思惑とは裏腹に五条は領域展開を発動していく。

五条は一か八かの0.2秒の領域展開を行っていた。0.2秒は五条が勘で設定した非術師が廃人にならず後遺症も残らないであろう無量空処の滞在時間。0.2秒の間に改造人間を含めた非術師の脳には時間にして約半年分の情報が流し込まれ、全員が立ったまま気を失った。B5Fの生き残りは2月後に残らず社会復帰を果たした。言ってしまえばそのレベルの無量空処であり、特級呪霊は今この瞬間に目を覚ますかもしれない。カウンターを考慮し、五条は標的を改造人間に絞る。そして、副都心線B5Fに放たれた改造人間およそ1000体を領域解除後299秒で鏖殺していく。

が、五条の目の前に獄門疆が現れ、夏油が開門させていく。

<<前の話 89話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。