呪術廻戦

【呪術廻戦】88話のネタバレ【渋谷駅に大量の改造人間が到着!?】

呪術廻戦88話のネタバレを掲載しています。88話では、五条悟と呪霊たちの戦いが描かれる。そこに、真人によって作られた改造人間が大量に乗り込んだ電車が到着する!?呪術廻戦88話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦88話のネタバレ

五条悟の恐怖

漏瑚は五条悟から逃げていく。

人間に紛れて攻撃、そして逃げるのヒット&アウェイで戦いながら「脹相、協力しないのであれば貴様から殺すぞ」と叫ぶ。すると、脹相が赤血操術で攻撃するが、当然五条悟の無下限呪術で防がれる。

五条悟は「つかず離れずでもそれも限界でしょ」「呪霊が見えない人達が僕を避け始めた」「このまま人が減り続けスペースができれば火山頭を捉えられる」「さっきみたいに術式を解いて誘うのはなしだな」「コッチの狙い近接フルボッコはもう晒したし距離を取って九相図と連携して人混み越しに大技を出されても面倒だ」「ごめん全員は助けられない」と考え、「その代わり絶対祓ってやる」と口にする。

漏瑚は「まだか!?」「もう20分は過ぎたハズだ」と考えながら逃げるが、夏油は「まだまだ」「五条悟全然余裕じゃん」「もっとヒリヒリしないと」とつぶやく。

渋谷駅に大量の改造人間が

明治神宮前駅のホームに向かう虎杖、冥冥、憂憂。

冥冥は「凄いね虎杖君」「正直な話もう少し手こずると思っていたよ」「君もう充分1級レベルだよ」「術式なしでここまでやるのは日下部以来じゃないかな」と言う。ホームに到着するとそこには1人だけ人がいた。

虎杖が話しかけるが、「みんな化物に」「電車に乗って」「私は満員だっカラ゛いらない゛って」と改造人間となり死んでしまった。

「みんな電車に乗って」と聞いて五条の身を案じる虎杖。五条がいる渋谷のホームに電車が到着する。ホームにいる一般人が到着した電車に乗り込もうとするが、中には大量の改造人間が詰まっており、扉が開くと一気にホームになだれ込んでくる。

「何考えてやがる」とつぶやく五条悟。電車から真人が降り、五条悟との戦いに加わっていく。

<<前の話 88話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。