呪術廻戦

【呪術廻戦】87話のネタバレ【虎杖が蝗GUYを撃破】

呪術廻戦87話のネタバレを掲載しています。87話では、虎杖と蝗GUYの戦いが決着を迎える。そして、ホームにいる真人がなにやら暗躍していく!?呪術廻戦87話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦87話のネタバレ

蝗害

蝗害はバッタの大発生に伴う大規模な災害。農作物だけでなく、紙や着物、小屋、植物性のものは全て食い尽くされる。バッタの成虫は1日で自分の体重と同じだけの量を食べ、総量1tのバッタの群れは1日で2500人分の食料を消費することになる。異様な咀嚼音は昼夜問わず響き渡り、群れの去った後の荒れ果てた土地とそれを覆うバッタが分泌した黒い粘液は平穏とは程遠い光景を描く。人々はその悪魔のような昆虫を恐れ、憎み、呪ったという。

蝗GUYが虎杖に噛みつきまくる。虎杖はそれを躱すが天井にある掲示板は簡単に噛みちぎられていた。

虎杖は「すっげえバネと顎」「言葉が分かるってことはそれなりの級の呪いだよな」と考えていた。蝗GUYは4本の腕で虎杖を攻撃するが、それも虎杖は躱していく。蝗GUYが「オマエドッチだ?」「賢いノカ」「賢くないノカ」「俺は賢い」と言うと、虎杖は「賢い奴はあまり自分のことを賢いって言わん」と返す。

蝗GUY撃破

虎杖は手数勝負に出る。

2本腕対4本腕だが、手数で虎杖が圧倒していく。

蝗GUYは虎杖にボコられながら「腕も顎も目も人間ヨリ俺の方が優れテいる」「ナノになんで」「なンで俺ダケ殴らレる!!?」と考えていた。虎杖目掛け血を吹き出すがそれも躱される。

それでも蝗GUYは「デモやっパり俺の方が賢い」と考えていた。バッタは地中に産卵するため、腹部は伸縮し、先端が硬く通常時の3倍近く伸ばすことができる。蝗GUYはその特性を利用し、虎杖に不意打ちの攻撃を放つ。

が、それも虎杖の拳によって封じられる。

虎杖は「オマエ人を喰ったんだ」「覚悟はできてるよな?」と言い蝗GUYとの戦いが決着。嘱託式の帳の基を破壊する。帳が上がると、冥冥は「虎杖君を待ってB5Fに向かおう」と言う。

明治神宮前駅B5F副都心線ホームでは真人が蝗GUYがやられたことに気づく。「腕のいい術師が来てるね」「残念、俺も闘りたかったな」「でも仕方ないよね、仕事だもん」と電車に乗り込んでいく!?

<<前の話 87話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。