呪術廻戦

【呪術廻戦】86話のネタバレ【虎杖がバッタの呪いと対峙】

呪術廻戦86話のネタバレを掲載しています。86話では、明治神宮前駅の状況が明らかになる。そして、虎杖がバッタの呪いと対峙していく!?呪術廻戦86話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦86話のネタバレ

明治神宮前駅の状況

冥冥は烏を操り明治神宮前駅を探知していた。

烏がやられ視覚共有が途切れるが、冥冥は「大体分かった」と言い、虎杖に「弱い改造人間を沢山殺すのと強い呪霊を1体祓うのどっちがいい?」と聞く。続けて「ま、君の場合後者だよね」「改造人間がウロついて一般人を襲っているのがB4F」「一般人はほとんどB5Fの副都心線ホームにいると思う」と説明する。虎杖が「思う?」と聞くと、「私が使った烏は呪力を帯びているからね」「B5Fには入れなかった」「地下に逃げるしかない一般人を追いやってできあがった状況ってとこかな」「そして私の烏が狩られたのがB1FとB2Fの間」「ここに帳を下ろしている呪霊か呪詛師がいる」「再び上がってきた一般人を狩るつもりなのか帳の条件の問題か」「位置取りの理由もそもそものB5F隔離の目的も不明だが」と冥冥が返す。それを聞いた虎杖は「いるんだな?」「このすぐ下にアイツが」と言う。

冥冥が「どうかな?」「ツギハギ顔を確認する前に烏がやられてしまったからね」「だが改造人間がいるということはそういうことなんだろう」「戦力を分けるのはどうかと思ったがグズグズしていてはB4Fの一般人が全滅する」「私達はB4F直通の7番出口から降りて一般人を救出する」「やばくなったら君もB4Fまで降りておいで」「だが欲を言えば君と私達が合流する頃には帳が上がり一般人は解放されB5Fでの相手方の目的が判明していてほしい」と言うと、虎杖は「大丈夫だよ冥さん」「俺はもう負けないから」と明治神宮前駅のB2Fに降りて行く。

VSバッタの呪い

そこにはバッタの呪いがいた。

虎杖が「ツギハギ顔の呪霊が来てるだろ?」「どこにいる」と聞くと、バッタの呪いは「真人は下」「俺はココで帳ヲ守ってるンだ」と返す。虎杖は五条悟が「結界術は難しいからねー」「強くてもできない奴は結構いるよー」と言っていたのを思い出し、「コイツが帳を2枚も?」「なんだかな」と考えるがバッタの呪いの横に何かがあることに気づく。

虎杖は「「降ろす」でも「張る」でもなく「守る」って言ってた」「となるとアレかなり怪しいな」「とりあえずブッ壊す」と考える。バッタの呪いが「真人のじゅじゅちゅはヨくない」「知ってるカ?」「形を変えられタ人間は味が落ちるンだ」「俺は賢いから違いガ分かル」と言った瞬間、虎杖が思い切り蹴り飛ばしていく。

もう一度殴りかかり「オマエらはどいつもこいつも人間舐めるのも大概にしろよ」と言う。

バッタの呪いが「さてはオッオマエ賢くないナ!?」「俺が何の呪いカ分かってないダロ」「知っテいるか?」「コノ世界ハ賢くないヤツから死ヌんダ」と言うと、虎杖は「バッタの呪いだろ?」と返す。それを聞いたバッタの呪いは「コイツ賢いゾ」と考えを改める。

<<前の話 86話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。