呪術廻戦

【呪術廻戦】85話のネタバレ【五条悟との戦いで花御が死亡】

呪術廻戦85話のネタバレを掲載しています。85話では、五条悟と漏瑚、花御の戦いが描かれる。そして、五条の策で花御が殺されていく!?呪術廻戦85話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦85話のネタバレ

五条悟の策

花御に向かって「まずはオマエから祓う」と言う五条悟は、「ほら来いよ、どうした?」「逃げんなっつったのはオマエらの方だろ」と漏瑚たちに近づいていく。

漏瑚が殴りかかると攻撃は防がれるが五条悟に触れることができていた。五条は花御の蹴りを躱し、そのまま漏瑚の腕をもぎ取っていく。

花御が殴りかかるが五条はもぎ取った漏瑚の腕で防御。五条は逃げる漏瑚を追ったので、花御は「あくまでも漏瑚狙い」「先刻の宣言は心理誘導か」「そしてこの男無下限の術式を解いている」と考える。花御は「術式の微調整を捨て人間が捌け始めたこのスペースで呪力操作のみのコンパクトな攻めに回るつもりか」「だがこれならわざわざ人混みに紛れる必要もない」「こちらは術式を使うまで」と術式を使おうとする。

それを見た漏瑚は「展延を解くな、花御」と叫ぶが、その瞬間五条が花御に襲いかかり、「やっぱりな」「展延と生得術式は同時には使えない」と弱点である目から生えた木を引っこ抜かれる。

それを見ていた漏瑚は「儂が先刻まであの程度で済んでいたのは展延で体を守っていたからだ」「基礎的な呪力操作と体術でこのレベル」「五条悟、逆に貴様は何を持ち得ないのだ」と考えていた。

花御が死亡

脹相が赤血操術で攻撃するが、五条は無下限呪術で防御。

五条は「アイツ呪霊じゃない」「受肉した九相図って所かな」「ウザいけどこっちの2匹程やる気ないみたいだし後回しだな」と考えていた。漏瑚と花御が領域展延を纏いながら同時に五条に攻撃を仕掛けるが、五条は「いいのか?」「オマエが展延で僕の術式を中和する程僕はより強く術式を保とうとする」「こっちの独活はもうそれに耐える元気ないんじゃない?」と言い、無下限呪術で花御を押し潰そうとする。漏瑚が「五条悟、こっちを見ろ」と一般人を屠ろうとするが、五条はお構いなしに花御を押し潰し殺していった。

花御を祓った五条は「次」とつぶやく。

東京メトロ明治神宮前駅2番出口側で、虎杖、冥冥、憂憂が補助監督の女性から状況説明を受けていた。

「地下鉄の駅全体を覆う一般人を閉じ込める帳」「その内側副都心線ホームを中心に術師を入れない帳が降りています」「2つの帳の間にこれらの帳を降ろしている呪霊か呪詛師がいます」と説明されると、冥冥が「間?」「中心のホームじゃなくて?」と返す。補助監督の女性は「おそらくですが自分も外に出るデメリットを抱えて結界強度を上げているのだと思います」「既に2名の補助監督がやられています」「それから帳の間に」「その、まだ断言はできないのですが」「帳の間に改造された人間がいます」と伝えると、虎杖は真人を思い出していた。

<<前の話 85話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。