呪術廻戦

【呪術廻戦】84話のネタバレ【漏瑚と花御が領域展延を発動】

呪術廻戦84話のネタバレを掲載しています。84話では、五条悟の無下限呪術に対抗するべく、漏瑚と花御が領域展延を発動していく。そして、夏油の口から五条悟の弱点が語られる!?呪術廻戦84話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦84話のネタバレ

領域展延

渋谷駅ホームの吹き抜けが木で塞がれていく。

五条悟が「んなことしなくたって逃げないよ」「僕が逃げたらオマエらここの人間全員殺すだろ?」と言うと、漏瑚は「逃げたらか」「回答は逃げずともだ」と返し、ホームの乗車口のドアを開き、線路に大量の人間を流し込んでいく。

五条は「あーさっき出口塞いだのは向こう側に人間がいるか分からなくするためのブラインドみたいなもんか」と考える。漏瑚、脹相が赤血操術「苅祓」で五条を攻撃。漏瑚と花御も殴りかかるが無下限呪術で防がれていく。

が、漏瑚と花御は領域展延を発動。

五条はいったん逃げ、「ナルホドというか」「呪詛師と組んでんだからそう来るか」と言う。五条は「「領域展延」」「シン・陰の簡易領域と同じだな」「本来の結界術として相手を閉じ込める「領域展開」を箱や檻とするなら「領域展延」は水、自分だけを包む液体」「領域を押し返す時の初動に近い感覚かな?」「必中効果は薄まるが確実に術式を中和してくる」「これなら僕にも攻撃は当たる」と考える。

五条悟の弱点

夏油と漏瑚の回想が描かれる。夏油は漏瑚に「五条悟が一番力を発揮するのはどんな時か分かるかい?」と聞く。漏瑚が「勿体ぶるな、話せ」と言うと、夏油は「それはね一人の時だよ」と返す。

夏油は「どんな術師でも彼の前では基本足手まといだ」「だからまずその更に下の非術師で五条悟の周囲を固める」「術式反転の最低出力は順転のソレの2倍」「非術師を巻き込まずに使うのはほぼ不可能だ」「「蒼」も同様に君達に有効な出力まで上げることはできないだろう」「「蒼」を使った高速移動も難しいハズだ」「非術師にとってはダンプみたいなものだからね」「ぶつかったら即死、この状況では五条悟はただ守りに徹するしかない」と言うと、漏瑚は「「無量空処」はどうする?」と聞く。夏油は「五条悟の領域「無量空処」の影響を受けないのは五条悟本人と彼が触れている者だけだろう」「仮に彼に雑踏の中から君達だけを領域内に閉じ込める技量があったとしてかなりの数の非術師が「無量空処」と帳の間で圧死する」「9割9分五条悟は領域を展開しない」「逆に君達も領域を展開しちゃいけないよ」「大量の非術師を領域に入れたら彼も諦めて領域を展開せざるを得ない」「領域の押し合いで勝ち目がないのは知っているだろ?」「とにかく五条悟を集中させるんだ」「呪霊攻略、非術師救出」「最低でも20分は欲しい」「その後は私と「獄門疆」の出番だ」と言う。

この状況を受け五条悟が「正直驚いたよ」と言い、漏瑚が「なんだ?言い訳か?」と返すと、五条は「違ぇよハゲ」「この程度で僕に勝てると思ってる脳みそに驚いたって言ってんだよ」と返す。

五条は「そこの雑草」「会うのは3度目だな?」「ナメた真似しやがって」「まずはオマエから祓う」と言い放つ。

<<前の話 84話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。