呪術廻戦

【呪術廻戦】83話のネタバレ【渋谷事変開幕】

呪術廻戦83話のネタバレを掲載しています。83話では、渋谷に一般人が閉じ込められる帳が降り、渋谷事変が始まっていく。五条悟が現着し、渋谷駅のホームに下りるとそこには特級呪霊が待ち構えていた!?呪術廻戦83話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦83話のネタバレ

渋谷事変

2018年10月31日19:00、東急百貨店東急東横店を中心に、半径およそ400mの帳が降ろされる。伊地知いわく一般人のみが閉じ込められる帳で、一般人は侵入のみ、窓は個人差が、術師は補助監督役含め出入りが可能とのこと。電波は絶たれているため連絡は帳を出て行うか補助監督の足を使ってほしいとのこと。

七海班は七海建人、猪野琢真、伏黒恵の3人。

猪野は伏黒に「帳、結界の効力の足し引きに使える条件っていうのはな基本呪力にまつわるモノだけなんだざっくり言うと人間・呪霊・呪物だな」「だから電波妨害とかは帳が降りたことによる副次的効果であって帳の結界術式そのものには電波の要否は組み込めないんだぜ」と言うが、伏黒は「あ、はい、知ってます」と返す。七海が伊地知に「それで五条さんは?」と聞く。

渋谷マークシティレストランアベニュー入口では、禪院直毘人、禪院真希、釘崎野薔薇の禪院班に新田から渋谷の一般人が帳の縁まで逃げて「五条悟を連れてこい」と訴えていることが告げられる。直毘人は「非術師が奴を知っているわけがない」「言わされているな」と返す。

直毘人が「帳は壊せんのか?」と聞くと、新田は「難航してるッス」「なにせ帳自体は術師を両側から拒絶していない」「力技でどうこうできそうにない」「帳を降ろしている呪詛師を捜してとっちめた方が早そうッス」と返す。真希が「じゃあ私らはその手伝いだな?」と言うと、新田は「いいえ、皆さんはまだここで待機ッス」と言う。

日下部班は日下部篤也とパンダ。

日下部が「高度な結界術に五条悟を指名したこと」「これは交流会を襲撃した連中と同一犯だ」「上は被害を抑えるために五条悟単独でも渋谷平定を決定したっちゅーワケだ」「俺達は七海、禪院家のジジイ、それと冥冥だな」「みーんな帳の外側で待機」「五条のこぼれ球を拾うってわけだ」と言うと、パンダは「被害を最小限って術師の被害のことだよな?」「一般人の被害はおかまいなしか?」と言う。日下部は「そうつっかかんなよ」「去年の百鬼夜行と違ってもう事が起こっちまってる」「俺もこれが最善だと思う」「それにさっき帳の内側を見てきたが平和なもんだったぜ」「一般人がパニクっちゃいたが呪霊や呪詛師が殺し回っているわけでもない」「現状ただ一般人が閉じ込められてるだけだ」「ただ俺はもう中に入んのは正直ごめんだね」と返す。日下部いわく、ヒカリエの地下あたりに特級呪霊がゴロゴロいるとのこ。

帳内の文化村通り道玄坂2丁目東では、一般人が「はやく五条悟を連れてこい」と叫んでいた。

騒ぐ男を見て女が「まぁ通れないのはホラーではあるけどそこまで困ってないよね、そのうち助けくるでしょ」と言うと、男は「オマエら見てなかったのか?」「吸い込まれたんだよ」「交差点にウジャウジャいた人間が駅ん中に」「栓を抜いた風呂の水みてぇによ」と言う。

そこに五条悟が現着する。

五条VS特級呪霊!?

渋谷ヒカリエShinQsB1Fの状況を見て「こりゃひどい」とつぶやく五条。

「この下を中心に外と同じ一般非術師を閉じ込める帳が降りてるのか」と考えた五条は、人の頭上を歩きながら吹き抜けからホームを見て「なんとなく狙いは分かったかな」「乗ってやるよ」とつぶやく。

青山霊園では冥冥、憂憂、虎杖の冥冥班が控えていた。

冥冥に電話で明治神宮前駅に渋谷と同様の帳が降りたという連絡が入ると、冥冥班はそちらに向かうことにしていく。

五条がホームに下りると、そこには漏瑚、花御、脹相の3人が待ち構えていた。

<<前の話 83話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。