呪術廻戦

【呪術廻戦】82話のネタバレ【真人によってメカ丸(与幸吉)が死亡】

呪術廻戦82話のネタバレを掲載しています。82話では、真人の領域に閉じ込められたメカ丸の秘策が明らかになる。が、メカ丸が死亡してしまう展開に!?呪術廻戦82話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦82話のネタバレ

メカ丸の秘策

真人の領域に閉じ込められたメカ丸。

そして、「無為転変」を発動され究極メカ丸が倒れていく。

「直接触われなくたって領域に入れちゃえば関係ない」「それはオマエも分かってただろ?」「ハロウィンまでざっと10日」「俺が呪力をケチッて領域まで使わないと思ったか?」「10日も休めば全快するよ」「作戦に夢と希望を詰め込むなよ」「気の毒すぎて表情に困るんだよね」と真人が言うが、背後から究極メカ丸が真人を貫いていく。

与は「コレにはあの呪術が封じられている」「俺ではこのやり方でした術を成立させられなかった」「ストックは4本」「1本目は失敗、2本目は奴の領域から操縦席を守るために」「そして今3本目」と考えていた。それは平安時代蘆屋貞綱によって考案された。呪術全盛の時代、凶悪巧者な呪詛師や呪霊から門弟を守るために編み出された技。一門相伝、その技術を故意に門外へ伝えることは縛りで禁じられている。それは領域から身を守るための弱者の領域。与はシン・陰流「簡易領域」を発動する。

真人の内側から領域を発生させ大ダメージを与えていく。

メカ丸が死亡

与の簡易領域を見た夏油は、「領域はあらゆる術式を中和する」「領域内ではあの五条悟にですら攻撃は当たる」「簡易とはいえ内側から領域を発生させられたら真人でも術式関係なくダメージを負う」と考えていた。真人を倒した与は、次は夏油と戦いを挑もうとし、「嬉しい誤算だ」「簡易領域1本、呪力9年分を残して夏油と闘れる」「勝てる、皆に会える」と考えていた。が、操縦席に真人が突入してくる。

与はすかさず残った簡易領域を直接真人にブチ込もうとするが、真人も与に無為転変を使おうとしていた。

三輪はメカ丸に「今度お見舞い行っていい?」「交流会、野球した後から皆との距離がぐっと縮まった気がするの」「呪術師って職業柄なのかな、それまではお互い仲良しでもどこか一線引いてた」「仲良くなりすぎるといなくなった時辛いもんね」「でも私は今の皆との関係が好き」「ほら、メカ丸は野球参加できなかったでしょう?」「私はメカ丸とももっと仲良くなりたい」「だからいつか会いに行くからね」と声を掛ける。が、与は真人によって殺されてしまっていた。

夏油が真人に「少し危なかったんじゃない?」と言うと、「術が発動するタイミングに合わせて自ら弾けた」「後は領域を解けば死んだと思うだろ」「全て計算危ないことなんてないさ」「アレも簡易領域か」「本番前にいいもん見れたんじゃない?」と返す。夏油は「ああ、嘱託式の帳の調整も終えた」「呪力や言霊ごと他者に託して問題ない」と返し、そして、場面は2018年10月31日、渋谷に移っていく。

<<前の話 82話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。