呪術廻戦

【呪術廻戦】80話のネタバレ【真人VSメカ丸の戦いに】

呪術廻戦80話のネタバレを掲載しています。80話では、メカ丸と真人の戦いに突入していく。メカ丸の攻撃は真人に一切通用していないが、与にはなにやら秘策がある模様。呪術廻戦80話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦80話のネタバレ

究極メカ丸絶対形態

夏油、真人とメカ丸が対峙。

真人が腕を肥大化させメカを一網打尽にしていく。

が、そこには与の姿がなかった。

与が逃げ、「つまんな」「今は狩りじゃなくて勝負がしたいんだよ」と真人がつぶやくが、突如地面が崩壊していく。

超巨大メカ丸の究極メカ丸絶対形態が現れる。

真人は「中にいるだろ?」「俺に触れられたくないもんな」「操縦席、魂の座は頭部」と考えていた。真人の読み通り、与は操縦席にいた。

与は「帳が降りてる」「俺を閉じ込めるだけじゃない」「電波も断たれている」「そう、俺の勝利条件は五条悟だ」「どんな手段でもいい」「五条悟と連絡を取り渋谷の計画を伝える(そして保護してもらう)」「だが帳とそれを降ろした夏油に集中するには真人は危険すぎる」「まずは真人を祓う」と考えていた。夏油を見ると、「どーぞ、お気になさらず」という姿勢を見せる。

メカ丸VS真人

与は「依然劣勢」「だが勝算はある」「全て視てきた」「俺を縛った年月、それで得た呪力」「出し惜しみはしない」と考える。そして、1年分のチャージをし、「大祓砲」を放つ。

が、基本的にダメージを受けない真人は平気で動き回り、「まずは操縦席から引きずり出してやる」と言う。与は「メカ丸の攻撃では真人の魂まで傷つけられない」「奴も今のでそれを確信したハズだ」と考える。

メカ丸が連続で攻撃を放つと真人は水に飛び込み、魚に変形して逃げていく。

与は2年分の呪力をチャージして「二重大祓砲」を放つ。

が、真人がメカ丸に攻撃を放つ構えを取る。与は「真人は攻めの姿勢を崩さない」「俺の攻撃など意に介してない」「そこにコレをブチ込む」と考えていた。

<<前の話 80話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。