呪術廻戦

【呪術廻戦】77話のネタバレ【夏油が闇堕ちする展開に】

呪術廻戦77話のネタバレを掲載しています。77話では、特級術師九十九由基が夏油の前に現れる。そして、とある任務がきっかけに夏油が闇堕ちする展開に!?呪術廻戦77話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦77話のネタバレ

特級術師九十九由基

夏油と灰原に女が「どんな女が好みかな?」と問いかける。

灰原は「自分は沢山食べる子が好きです」と言う。「大丈夫ですよ、悪い人じゃないです」「人を見る目には自信があります」と灰原が言うと、夏油が「私の隣に座っておいてか?」と返す。

灰原が席を外し、夏油と女が2人で話す。女が「で、夏油君は答えてくれないのかな?」と言うと、夏油が「まずはアナタが答えて下さいよ」と返すと、女は「特級術師九十九由基って言えば分かるかな?」と返す。

夏油が「アナタがあの!?」と言うと、九十九は「おっいいね、どのどの?」と食いつくが、夏油は「特級のくせに任務を全く受けず海外をプラプラしてるろくでなしの」と返し、九十九は「私高専って嫌ーい」とスネていく。それは冗談だったが、「高専と方針が合わないのは本当」「ここの人達がやってるのは対症療法」「私は原因療法がしたいの」と九十九は言う。「呪霊を狩るんじゃなくて呪霊の生まれない世界を作ろうよってこと」「少し授業をしようか」「そもそも呪霊とは何かな?」と九十九が言うと、夏油は「人間から漏出した呪力が澱のように積み重なり形を成したモノです」と返す。「すると呪霊の生まれない世界の作り方は2つ」「①全人類から呪力をなくす」「②全人類に呪力のコントロールを可能にさせる」と続ける。

さらに、「①はね結構イイ線いくと思ったんだ」「モデルケースもいたしね」と言う。九十九の言うモデルケースは禪院甚爾のことだった。「天与呪縛によって呪力が一般人並になるケースはいくつか見てきたけど呪力が完全に0なのは世界中探しても彼1人だった」「彼の面白い点はそれだけじゃない」「禪院甚爾は呪力0にも拘わらず五感で呪霊を認識できた」「呪力を完全に捨て去ることで肉体は一線を画し逆に呪いの耐性を得たんだよ彼は」「正に超人、負けたことは恥じなくていい」「彼を研究したかったがフラれてしまってね」「惜しい人を亡くしたよ」「天与呪縛はサンプルも少ないし私の今の本命は②だね」「知ってる?」「術師からは呪霊は生まれないんだよ」「勿論術師本人が死後呪いに転ずるのを除いてね」「術師は呪力の漏出が非術師に比べ極端に少ない」「術式行使による呪力の消費量や容量の差もあるけど一番は流れだね」「術師の呪力は本人の中をよく廻る」「大雑把に言ってしまうと全人類が術師になれば呪いは生まれない」と九十九は語る。それを聞いた夏油が「じゃあ非術師を皆殺しにすればいいじゃないですか」と言うと、九十九は「夏油君、それはアリだ」と返す。

「というか多分それが一番簡単だ」「非術師を間引き続け生存戦略として術師に適応してもらう」「要は進化を促すの」「鳥達が翼を得たように」「恐怖や危機感を使ってね」「だが残念ながら私はそこまでイカれてない」「非術師は嫌いかい?」「夏油君」と九十九が続けると、夏油は「分からないんです」「呪術は非術師を守るためにあると考えていました」「でも最近私の中で非術師の価値のようなものが揺らいでいます」「弱者故の尊さ、弱者故の醜さ」「その分別と受容ができなくなってしまっている」「非術師を見下す自分、それを否定する自分」「術師というマラソンゲーム、その果ての映像があまりに曖昧で何が本音か分からない」と返す。九十九は「どちらも本音じゃないよ、まだその段階じゃない」「非術師を見下す君、それを否定する君」「これらはただの思考された可能性だ」「どちらを本音にするのかは君がこれから選択するんだよ」と言い、バイクで去ろうとする。

最後に「星蔣体のことは気にしなくていい」「あの時もう1人の星蔣体がいたか既に新しい星蔣体が産まれたのかどちらにせよ天元は安定しているよ」と伝えていく。

夏油の選択

任務からボロボロの状態で帰った七海は「なんてことはない二級呪霊の討伐任務のハズだったのに」「クソッ、産土神信仰」「アレは土地神でした、1級案件だ」と言う。一緒に任務に行った灰原は死んでしまっていた。

夏油が「今はとにかく休め、七海」「任務はが引き継いだ」と言うと、七海は「もうあの人1人で良くないですか?」と言う。夏油は「術師というマラソンゲーム、」「その果てにあるのが仲間の屍の山だとしたら?」と考えていた。

夏油は村落内での神隠し、変死、その原因と思われる呪霊の払除の任務に来ていた。そこにいたのは檻に閉じ込められた2人の少女だった。

事件の原因はすでに夏油が取り除いていたが、村人はこの2人が一連の事件の原因と言い張っていた。2人の少女に呪霊を使って「大丈夫」と伝え、村人たちに「一旦外に出ましょうか」と言う。

夏油は村人を皆殺しにしていた。村人はすべて呪霊による被害と思われたが、残穢から夏油傑の呪霊操術と断定され、呪術規定9条に基づき呪詛師として処刑対象となった。

<<前の話 77話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。