呪術廻戦

【呪術廻戦】76話のネタバレ【夏油闇堕ちの原因が明らかに!?】

呪術廻戦76話のネタバレを掲載しています。76話では、五条と夏油の任務が終え1年後に話が移る。夏油が呪術師としての在り方に悩む中、謎の女性が夏油の前に現れる!?呪術廻戦76話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦76話のネタバレ

任務失敗

夏油は伏黒甚爾が使っていた呪霊に出くわす。五条悟は盤星教の施設で天内理子の遺体を抱き抱えていた。

そこに夏油もやって来るが、五条悟の変貌っぷりに驚いていた。

五条が「硝子には会えたんだな」と言うと、夏油は「あぁ、治してもらった」「私は問題ない」と返すが、天内の様子を見て「いや、私に問題がなくても仕方ないな」と加える。夏油が「戻ろう」と言うが、五条は「コイツら殺すか?」「今の俺なら多分何も感じない」と言う。

夏油は「いい、意味がない」「見た所ここには一般教徒しかいない」「呪術界を知る主犯の人間はもう逃げた後だろう」「懸賞金と違ってもうこの状況は言い逃れできない」「元々問題のあった団体だ」「じき解体される」と言うと、五条が「意味ね」「それ本当に必要か?」と返す。夏油は「大事なことだ」「特に術師にはな」と言う。

夏油の迷い

1年後の2007年8月、家入はペンを夏油は消しゴムを五条に向け思い切り投げる。すると、ペンは五条に当たる前に止まり、消しゴムは当たっていった。

五条は術式対象の自動選択を身につけていた。「今までマニュアルでやってたのをオートマにした」「呪力の強弱だけじゃなく質量・速度・形状からも物体の危険度を選別できる」「毒物なんかも選別できればいいんだけどそれはまだ難しいかな」「これなら最小限のリソースで無下限呪術をほぼ出しっぱにできる」と五条は語る。家入が「出しっぱなんて脳が焼き切れるよ」と言うが、五条は「自己補完の範疇で反転術式も回し続ける」「いつでも新鮮な脳をお届けだ」「前からやってた掌印の省略は完璧」「「赫」と「蒼」それぞれの複数同時発動もボチボチ」「後の課題は領域と長距離の瞬間移動かな」「高専を起点に障害物のないコースをあらかじめ引いておけば可能だと思うんだ」「硝子、実験用のラット貸してよ」と返す。

夏油は「悟は最強に成った」「任務も全て1人でこなす」「硝子は元々危険な任務で外に出ることはない」「必然的に私も1人になることが増えた」「その夏は忙しかった」「昨年頻発した災害の影響もあったのだろう」「蛆のように呪霊が湧いた」「祓う、取り込む、その繰り返し」「祓う、取り込む」「皆は知らない呪霊の味」「吐瀉物を処理した雑巾を丸飲みしている様な」「祓う、取り込む、誰のために?」と考えていた。

夏油は「あの日から自分に言い聞かせている」「私が見たものは何も珍しくない周知の醜悪」「知った上で私は術師として人々を救う選択をしてきたはずだ」「ブレるな」「強者としての責任を果たせ」と考えながらも「猿め」とつぶやいていた。

一人ベンチで座る夏油の元に灰原がやって来る。

夏油が灰原に「呪術師やっていけそうか?」「辛くないか?」と聞くと、灰原は「そーですね、自分はあまり物事を深く考えない性質なので自分にできることを精一杯頑張るのは気持ちがいいです」と返す。夏油が「そうか、そうだな」と言うと、「君が夏油君?」「どんな女が好みかな?」と聞く女性が現れる。

<<前の話 76話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。