呪術廻戦

【呪術廻戦】75話のネタバレ【虚式「茈」で伏黒甚爾が死亡】

呪術廻戦75話のネタバレを掲載しています。75話では、覚醒した五条悟と伏黒甚爾の戦いが描かれる。そして、五条の虚式「茈」で伏黒甚爾が死亡!?呪術廻戦75話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦75話のネタバレ

天上天下唯我独尊

伏黒甚爾は「骨はイッてねぇな」「今の衝撃波(?)が無下限呪術術式反転「赫」か」「①止める力、ニュートラルな無下限呪術」「②引き寄せる力、強化した無下限呪術「蒼」」「そして、③弾く力、呪術式反転「赫」」「全て問題なし」と考えていた。

「①止める力は元より、②引き寄せる力はリーチを得た今逆鉾で掻き消すか俺の足でちぎれる」「③弾く力はタイミングさえ外さなければ逆鉾を盾にしのげる」と伏黒甚爾は考えていたが、どこか違和感も感じていた。が、「いやこれでいい」「殺す」と戦う構えを見せる。

五条悟は「ごめん天内」「俺は今オマエのために怒ってない」「誰も憎んじゃいない」「今はただただこの世界が心地良い」と考えていた。

虚式「茈」

伏黒甚爾は逆鉾で地面をえぐり、瓦礫を飛ばして五条に攻撃。さらに鎖でリーチを伸ばした逆鉾で攻撃を仕掛けていく。

五条は「代々伝わる相伝の術式のメリットはあらかじめ先代の築いた術式の取説があること」「デメリットは術式の情報が漏れやすいこと」「アンタ御三家、禪院家の人間だろ」「「蒼」も「赫」も無下限呪術のことはよく知ってるわけだ」「だがコレは五条家の中でもごく一部の人間しか知らない」「順転と反転、それぞれの無限を衝突させることで生成される」「仮想の質量を押し出す」と考えながら、虚式「茈」を放っていく。

虚式「茈」を食らって左腕を失った伏黒甚爾は、「「タダ働きなんてゴメンだね」、いつもの俺ならそう言ってトンズラこいた」「だが目の前には覚醒した無下限呪術の使い手」「恐らく現代最強と成った術師」「否定したくなった捩じ伏せてみたくなった」「俺を否定した禪院家、呪術界その頂点を」「自分を肯定するためにいつもの自分を曲げちまった」「その時点で負けていた」と考えながら「自尊心は捨てたろ」とつぶやく。

五条に「最期に言い残すことはあるか?」と聞かれると、「ねぇよ」「2、3年もしたら俺の子供が禪院家に売られる」「好きにしろ」と返す。

<<前の話 75話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。