呪術廻戦

【呪術廻戦】74話のネタバレ【五条悟が覚醒】

呪術廻戦74話のネタバレを掲載しています。74話では、伏黒甚爾の前に覚醒した五条悟が現れる。反転術式を身につけた五条悟の圧倒的強さが明らかになる!?呪術廻戦74話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦74話のネタバレ

伏黒甚爾の任務が完了

伏黒甚爾は盤星教本部星の子の家で天内理子の遺体を差し出していく。

盤星教代表役員の園田茂は遺体を受け取り、「金の受け渡しは手筈通りに」「多少色もつけよう」と言う。

園田が「私達は駄目元で君に暗殺を依頼した」「盤星教は奈良時代天元様が日本仏教の広がりと共に術師に対する道徳基盤を説いたのが初まりだ」「呪術界と宗教法人の相性は最悪」「その歪みから生まれたのが現在の盤星教魂と器の会」「だから我々は非術師の立場に徹している」「様々な越権を許されている術師も原則非術師には手を出せないからね」「だが時が来てしまった」「教典に示された禁忌」「絶対的一神教へと成り果てた盤星教」「その対象である天元様と星蔣体の同化」「教徒の手前同化を見過ごせば会が立ち行かなくなる」「かと言って行動が過ぎれば術師に潰される」「もうヤケクソだったのだよ我々は」「それがどうだ?」「失うはずだった全てが今や手中にある」「財布の紐も緩むというもの」と言う。孔が「もし天元が某すれば立ち行かなくなるのは人間社会かもしれねぇぜ?」と言うと、園田は「星と共に堕ちるのならば已む無し」と返す。

伏黒甚爾が「盤星教の協力って沖縄の件か?」「なんであん時メイド殺さなかった?」と言うと、孔は「あの時オマエのプランがなんとなく理解できたからな」「メイド救出失敗の緊張より成功の緩みの方が削りとしてデカイと判断した」「上意下達をブラしてこっちの狙いをボカすのは散々やってきたことだろ」「結果オーライ」と返す。任務が完了し、伏黒甚爾が盤星教本部が後にするとそこには五条悟の姿があった。

術式反転「赫」

五条は伏黒甚爾にやられた傷を見せながら「元気ピンピンだよ」と言う。

五条は反転術式で回復していた。「オマエに喉ブチ抜かれた時反撃は諦めて反転術式に全神経を注いだ」「呪力は負の力、肉体の強化はできても再生することはできない」「だから負の力同士を掛け合わせて正の力を生む、それが反転術式」と五条が語る。

五条は今まで反転術式をできたことはなかったが、死に際で習得することができた。「オマエの敗因は俺を首チョンパにしなかったことと頭をブッ刺すのにあの呪具を使わなかったこと」と五条が言うと、伏黒甚爾は「敗因?」「勝負はこれからだろ」と返す。

伏黒甚爾が超スピードで逆鉾で攻撃していくが、五条は躱し反転術式によって生まれた生の力、その力を自らに刻まれた無下限の術式に流し込んで発動する術式反転「赫」で攻撃していく。

「赫」を食らった伏黒甚爾は遥か先まで吹き飛ばされていく。

<<前の話 74話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。