呪術廻戦

【呪術廻戦】73話のネタバレ【夏油が伏黒甚爾に敗北】

呪術廻戦73話のネタバレを掲載しています。73話では、伏黒甚爾と夏油傑の戦いが描かれていく。夏油が呪霊を駆使して戦うが、伏黒甚爾の圧倒的強さにやられてしまう!?呪術廻戦73話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦73話のネタバレ

伏黒甚爾VS夏油傑

伏黒甚爾は「薨星宮と忌庫は隠す結界」「入口に見張りは置けない」「扉の位置さえ分かっちまえばあとはザル」「この時期から術師は忙しくなるし今高専には蠅頭が溢れている」「外はてんやわんやさ」「呪力のない俺は透明人間みたいなもんだ」「でも1つ問題があってな」「俺が呪具を持つと呪具の呪力で透明人間じゃなくなっちまう」と言い、夏油は龍のような呪霊で対峙する。

伏黒甚爾は「俺は物を格納できる呪霊を飼っててな、呪具はそっちに入れて持ち歩いてる」「皆まで言うな、それじゃ今度は呪霊の呪力で透明じゃなくなっちまうってんだろ」と言い、口から小型の呪霊を吐き出す。

「呪霊に自らの体を格納させてサイズをおとす」「それを俺の腹の中にしまう」「透明人間は臓物まで透明だろ?」「これで俺はあらゆる呪具を携帯したまま結界を素通りできる」「はじめに呪具を使用しなかったのはそういうことだ」「六眼相手の奇襲は透明なままじゃねぇと意味ないからな」と伏黒甚爾が語る。

夏油は「もういい」「天与呪縛だろ?」「術師と同様に情報の開示が能力の底上げになることは知っている」「私が聞きたいのはそこじゃない」「何故薨星宮へ続く扉が分かった」「私達は毛程も残穢を残さなかった」と言うと、伏黒甚爾は「人間が残す痕跡は残穢だけじゃねぇ」「臭跡、足跡、五感も呪縛で底上げされてんだよ」と返す。夏油が「途中に女性が1人いたハズだ、彼女はどうした」と聞くと、伏黒甚爾が「多分死んでる」「生かす気も殺す気もなかったけどな」と返し、夏油は「そうかやはりオマエは死ね」と龍のような呪霊で攻撃していく。が、夏油の呪霊は伏黒甚爾に一瞬にして斬り裂かれてしまった。

夏油が敗北

夏油の呪霊は手持ちの呪霊で最高硬度の虹龍だった。「烏合だな」とつぶやく伏黒甚爾。そこに口裂け女のような呪霊が現れる。

「仮想怨霊、質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域か」と伏黒甚爾は考え、「そうだな、ここはあえて趣味じゃねぇ」と答える。すると、女がハサミを取り出し、伏黒甚爾は巨大なハサミに囲まれていた。

伏黒甚爾はハサミを捌いていくが、夏油が間合いに入ってくる。

伏黒甚爾は「馬鹿が、俺の間合いに入るとか張り合いがなさ過ぎる」と考え「終わりだな」と言うが、夏油は「オマエがな」と返す。夏油の狙いは伏黒甚爾が武器を格納している呪霊だった。

呪霊操術は降伏した呪霊を取り込み自在に操る術式。階級換算で2級以上の差があれば降伏を省きほぼ無条件で取り込むことができる。

夏油は「能力は特殊だが呪霊自体は強くない、取り込める」「武器庫は押さえた」「後は物量でゴリ押し」と考えていたが、呪霊は取り込めずにハジかれ、伏黒甚爾に斬られてしまう。

「術師なら死なねぇ程度に斬った」「式神使いなら殺したが呪霊操術となるとな」「オマエの死後取り込んでた呪霊がどうなるか分からん」「ここで面倒事は避けたい」「親に恵まれたな」と夏油に致命傷だけ与えていく。「だがその恵まれたオマエらが呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと」「長生きしたきゃ忘れんな」「あー、恵って、そうだったそうだった」「俺が名付けたんだった」とつぶやく。五条悟もやられてしまったが、五条の指がピクッと動いていく。

<<前の話 73話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。