呪術廻戦

【呪術廻戦】72話のネタバレ【天内理子が死亡】

呪術廻戦72話のネタバレを掲載しています。72話では、特級呪具「天逆鉾」を所持する伏黒甚爾に五条悟がまさかの敗北。そして、伏黒甚爾によって天内理子が殺されてしまう!?呪術廻戦72話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦72話のネタバレ

五条悟の敗北

特級呪具「天逆鉾」で刺される五条悟

そのまま斬られ、突き刺されまくる。

そして、ナイフで頭を刺され倒れていき、伏黒甚爾は「少し勘が戻ったかな」とつぶやく。

天内理子死亡

天内理子は高専最下層薨星宮参道まで来ていた。「私はここまでです」と言う黒井に「大好きだよ」と抱きつく天内。

夏油が天内を天元の膝下、国内主要結界の基底薨星宮本殿に案内する。

夏油は「階段を降りたら門をくぐってあの大樹の根元まで行くんだ」「そこは高専を囲う結界とは別の特別な結界の内側」「招かれた者しか入ることはできない」「同化まで天元様が守ってくれる」「それか引き返して黒井さんと一緒に家に帰ろう」と言う。

「え?」と驚く天内だったが、夏油は「担任からこの任務の話を聞かされた時あの人は同化を抹消と言った」「あれはそれだけ罪の意識を持てということだ」「うちの担任は脳筋のくせによく回りくどいことをする」「君と会う前に悟との話し合いには済んでる」と語る。五条は任務の前に夏油と「星蔣体のガキが同化を拒んだ時ぃ!?」「そん時は同化はなし」と話していた。夏油が「いいのかい?」「天元様と戦うことになるかもしれないよ?」と言うと、五条は「ビビってんの?」「大丈夫、なんとかなるって」と返す。

夏油が天内に「私達は最強なんだ」「理子ちゃんがどんな選択をしようと君の未来は私達が保証する」と言うと、天内は「私は生まれた時から星蔣体で皆とは違うって言われ続けて私にとっては星蔣体が普通で危ないことはなるべく避けてこの日のために生きてきた」「お母さんとお父さんがいなくなった時のことは覚えてないの、もう悲しくも寂しくもない」「だから同化で皆と離れ離れになっても大丈夫って思ってた」「どんなに辛くたっていつか悲しくも寂しくもなくなるって」「でもっ、でもやっぱり、もっと皆と一緒にいたい」「もっと皆と色んな所に行って、色んな物を見て、もっと」と返す。

それを見た夏油が「帰ろう、理子ちゃん」と言うと、天内は頭を銃で撃ち抜かれていた。

銃を持った伏黒甚爾が現れる。

夏油が「なんでオマエがここにいる」と聞くと、伏黒甚爾は「なんでって」「あぁ、そういう意味ね」「五条悟は俺が殺した」と言い、夏油は「そうか、死ね」と呪霊を繰り出していく。

<<前の話 72話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。