呪術廻戦

【呪術廻戦】70話のネタバレ【五条悟が刺される展開に!?】

呪術廻戦70話のネタバレを掲載しています。70話では、拉致された黒井救出のために五条らは沖縄に向かう。無事黒井を救出し高専に戻ってくるが、そこにまさかの刺客が現れる!?呪術廻戦70話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦70話のネタバレ

沖縄へ

「すまない、私のミスだ」と黒井を拉致られたことを謝る夏油。

五条悟は「そうか?」「ミスって程のミスでもねーだろ」「相手は次人質交換的な出方でくるだろ」「天内と黒井さんのトレードとか天内を殺さないと黒井さんを殺すとか」「でも交渉の主導権は天内のいるコッチ」「取引の場さえ設けられれば後は俺達でどうにでもなる」「天内はこのまま高専に連れていく」「硝子あたりに影武者やらせりゃいいだろ」と言うが、天内は「取り引きには妾も行くぞ」「まだオマエらは信用できん」「助けられたとしても同化までに黒井が帰ってこなかったら?」「まだお別れも言ってないのに!?」と言う。

五条が「その内拉致犯から連絡がくる」「もしアッチの頭が予想より回って天内を連れて行くことで黒井さんの生存率が下がるようならやっぱオマエは置いていく」と言うと、天内は「分かった、それでいい」と言い、五条は「逆に言えば途中でビビって帰りたくなってもシカトするからな」「覚悟しとけ」と返す。五条らは沖縄に来ていた。

拉致犯は取引場所を沖縄に指定し、五条らはすでに拉致犯を捕縛し黒井を救出していた。

五条らは飛行機で来ていたが、離陸前に五条の目で乗客乗員機内外をチェックし、飛行中は夏油の呪霊で外を張りながら来ていた。夏油は取引場所を沖縄に指定してきたことが気になっていた。黒井が「時間稼ぎじゃないんですか?」「理子様を殺められなくても明日の満月に間に合わないよう」と言うと、夏油が「それなら交通インフラの整っていない地方を選びます」と言い、黒井が「まさか奴ら空港を占拠する気じゃ」と言う。が、夏油らの采配で空港には七海灰原が応援に来ていた。

灰原が「いたいけな少女のために先輩達が身を粉にして頑張ってるんだ」と言うが、五条らはナマコを見てテンションを上げまくり遊んでいた。

黒井が「いんでしょうか、観光なんて」と言うと、夏油が「言い出したのは悟ですよ」「アイツなりに理子ちゃんのことを考えてのことでしょう」と返し、「でもそろそろ悟、時間だよ」と言う。時間がきてしまったことでしょんぼりする天内。

それを見た五条は「傑、戻るのは明日の朝にしよう」と提案する。「だが」と夏油は渋るが、「天気も安定してんだろ」「それに東京より沖縄の方が呪詛人の数は少ない」「飛行中に天内の賞金期限が切れた方がいいっしょ」と言う。夏油は「悟、昨日から術式を解いてないな」「睡眠もだ、今晩も寝るつもりないだろ」「本当に高専に戻らなくて大丈夫か?」と言うが、五条は「問題ねぇよ」「桃鉄99年やった時の方がしんどかったわ」「それに、オマエもいる」と返す。

五条の提案により、沖縄滞在を1日伸ばし、沖縄観光を満喫した。

呪術高専に刺客現る

護衛3日目、都立呪術高専筵山麓に五条らは来ていた。

高専の結界内に入り、「これで一安心じゃな」と言う天内。五条は「二度とごめんだ、ガキのお守りは」は言い術式を解除するが、その瞬間背後から伏黒甚爾に刺されていく。

五条が「アンタ、どっかで会ったか?」と言うと、伏黒甚爾は「気にすんな、俺も苦手だ」「男の名前覚えんのは」と言う。

<<前の話 70話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。