呪術廻戦

【呪術廻戦】7話のネタバレ【特級呪霊が強すぎる】

呪術廻戦7話のネタバレを掲載しています。7話では、釘崎救出を伏黒に任せた虎杖が一人で特級呪霊と戦っていく。が、そこで己の弱さを知った虎杖は、宿儺に変わり呪霊と戦っていくことに!?呪術廻戦7話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦7話のネタバレ

俺は弱い

鵺を出して釘崎の元に向かう伏黒。虎杖は特級呪霊と戦っていた。

虎杖は「ここまで近づかれたらもう逃げらんねぇ」「俺が死んだらオマエも死ぬんだろ」「それが嫌なら協力しろよ、宿儺」と言うが、宿儺に断られていた。

宿儺は「オマエの中の俺が終わろうと切り分けた魂はまだ18もある」「とは言え腹立たしいことにこの肉体の支配者は俺ではない」「代わりたいのなら代わるがいい」「だがその時は呪霊より先に伏黒を殺す」「次に釘崎、アレは活きがいい、楽しめそうだ」と言う。虎杖は「んなこと俺がさせねぇよ」と言うが、宿儺は「だろうな」「だが俺にばかり構っているとそれこそ仲間が死ぬぞ」と返す。

特級呪霊がただ口から呪力を吐いただけだったが、地面がえぐれるほどの威力が出ていた。

虎杖は伏黒に「釘崎連れて領域から逃げろ」「2人が領域を出るまで俺が特級を食い止める」「出たらなんでもいいから合図してくれ、そしたら俺は宿儺に代わる」と言う。伏黒は「できるわけねぇだろ、特級相手に片腕で」と言うが、虎杖は「よく見ろって、楽しんでる」「完全にナメてんだよ、俺達のこと」「時間稼ぎくらいなんとかなる」と返す。伏黒が「駄目だ」と言うが、虎杖の「伏黒、頼む」という言葉で釘崎の元に向かうことに決める。

虎杖は「いくら殴っても効きやしねぇ」「そりゃそうか、呪力の使い方なんてまるで分かんねぇしな」「でも今はそれでいい、時間を稼ー」と考えるが、その瞬間呪霊に吹き飛ばされていく。

呪力のバリアで吹き飛ばされた虎杖は、さらに呪力により追撃を受ける。

再び呪霊が呪力のバリアを放ち、虎杖が防ごうとするが指がボロボロになっていく。

虎杖は「痛い、痛い、痛い、辛い、辛い、辛い、なんで俺が」「あの時俺が指なんて拾わなければ、喰わなければ、あの時、あの時」「やめろ、考えるな」「嫌だ、もう嫌だ、逃げたい、逃げたい、死にたくない、ここで死んで、死んだとしてそれは「正しい死」か!?」「考えるな」と考えるが、呪力のバリアに吹き飛ばされ、「俺はこんなに弱かったのか」と考えてしまう。

宿儺登場

呪いに捕まっていた釘崎は「オマエ、顔覚えたからな」「絶対呪ってやる」と言うが、伏黒の式神によって救出される。

ボロボロの虎杖は「自惚れてた」「俺は強いと思ってた」「死に時を選べる位には強いと思ってたんだ」「でも違った」「俺は弱い」「あ゛ー、死にたくねぇ」「嫌だ、嫌だぁ」と叫び、「でも死ぬんだ」「「正しい死」か?じゃねぇよ、甘えんな」「それでもこの死が正しかったと言える様に」「ならば憎悪も恐怖も後悔も全て出し切れ」「拳にのせろ」と呪霊を殴っていくがそれも簡単に受け止められてしまう。

伏黒の式神の遠吠えが聞こえると、虎杖は「この鳴き声は伏黒の合図」と考え、宿儺に変わっていく。

<<前の話 7話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。