呪術廻戦

【呪術廻戦】69話のネタバレ【黒井が拉致される展開に】

呪術廻戦69話のネタバレを掲載しています。69話では、天内を狙う紙袋を被った呪詛師との戦いが描かれる。五条の圧倒的強さで呪詛師を倒していくが、まさかの黒井が拉致される展開に!?呪術廻戦69話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦69話のネタバレ

刺客VS黒井

天内のいる協会に現れる五条悟

「天内の彼氏!?」と場内は騒然とする。先生も「静粛に」と言いながら、五条があまりにもイケメンだったため電話番号を渡していく。五条は「賑やかな学校だな」と言い、天内を連れ出していく。

五条は天内を連れて高専に向かおうとする。紙袋を被った呪詛師はその様子を見て「ありゃ3000万か?」「一緒にいんのは同業か、ボディガードってこともあるか」と考えていた。

そこに黒井が現れる。

黒井が向かっていくと、「遅」と紙袋を被った呪詛師が拳を放つ。が、黒井はそれを防ぎ、モップで金的を入れ坐りこませる。

そこに夏油が駆けつけ「理子ちゃんは?」と聞くと、黒井は「五条様と一緒に学校を出ました」「じゃあ私達も向かいましょう」「少し面倒なことになってます」と返す。すると、紙袋を被った呪詛師は「やっぱさっきのが3000万か」と言い溶けて消えていった。

刺客VS五条悟

五条に天内の首に3000万の懸賞金がかかっているという報告が入る。五条は天内を狙う紙袋を被った呪詛師と対峙。紙袋を被った呪詛師は5人に分身していた。

五条は無下限呪術で分身2体を吸い込み、衝突させて倒していく。

天内が「式神が消えん」「どれが本体じゃ!?」と言うと、五条は「式神じゃねぇ、分身だ」「全部本体のな」と返す。呪詛師が五条を殴ろうとするが、無下限呪術で五条に攻撃が届くことはなかった。

「本体含めMAX5体の分身術式」「どれが本体かは常に自由に選択できるんだろ?」「本体が危うくなったら安全な分身を本体にする」「いい術式持ってんじゃん」「なんでそんな弱いのか意味分からん」と五条が言うと、呪詛師は「何故俺の術式を知っている」と返し、五条は「御生憎様、目がいいもんで」と答える。

五条は「俺の術式はさ、収束する無限級数」「俺に近づくモノはどんどん遅くなって結局俺まで辿り着くことはなくなるの」「それを強化すると無下限、負の自然数ってとこかな、−1個のリンゴみたいな虚構が生まれるんだ」「そうするとさっきみたいな吸い込む反応が作れる」「でも意外と不便なんだよね」「あまり大きな反応は自分の近くに作れないし指向性にまで気を使い出すと呪力操作がまー面倒で要は超疲れんの」「でもこれは全部順転の話」と説明し、呪詛師は一気に引き寄せる。

そして、「こっちは無限の発散」と術式反転「赫」を発動しようとする。

が、失敗に終わり普通に殴って倒していく。

「なんかできそうって思ったんだけどなぁ」とつぶやく五条。そこで、天内の携帯に黒井が拉致されたというメールが送られる。

<<前の話 69話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。