呪術廻戦

【呪術廻戦】68話のネタバレ【夏油の術式が明らかに】

呪術廻戦68話のネタバレを掲載しています。68話では、天内を狙う2人の呪詛師が現れる。さっそく式神使いの呪詛師と夏油が戦っていくことに!?呪術廻戦68話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦68話のネタバレ

伏黒甚爾の策略

伏黒甚爾は「なんだアイツら、高専戻んなかったのか」「ラッキーだな、これで賞金につられるのがバカからまともなバカになる」と言う。

孔時雨が「いいのか?」「賞金は盤星教からオマエに支払われる手付金3000万」「星蔣体が殺られれば手付金はパァ」「下手したら成功報酬もないぞ」「オマエに依頼せずとも始めから賞金をという話になるからな」と言うと、伏黒甚爾は「あっちには五条悟がいるんだぞ」「うん百年ぶりの六眼と無下限呪術の抱き合わせ」「五条が近くにいる限り星蔣体はまず殺せない」と返す。伏黒甚爾は「とりあえずバカ共には賞金のかかっている残り39時間、五条の周りの術師と五条本人の神経を削ってもらう」「勿論星蔣体は殺せねぇからタダ働きだ」と言う。孔が「時間制限を設けたのは良かったな」「呪詛師の集まりがスムーズだ」と言うと、伏黒甚爾は「そんだけじゃねぇけどな」「こっちの話、ボチボチ俺も向かう」「思ってたより展開が早そうだ、3000万しっかり戻せよ」と返す。孔が「バカ言え、その辺の匿名掲示板じゃねぇんだぞ」「掲載料・手数料、その他ー」と言うと、伏黒甚爾は「電波が悪い」と携帯を放り投げていく。

式神使いの呪詛師VS呪霊使いの夏油

天内がいる音楽室か礼拝堂に向かう五条ら。

「正体不明は「Q」の残党か?」「盤星教の差し金なら少し面倒なことになるな」と考えながら正体不明を追う夏油の前に、式神使いの呪詛師が現れる。

夏油は「高専の制服を見て多対一を想定」「自分の前後を式神ではさんだ」「この爺さん慣れてるな」と考え、同じく呪霊を出していく。式神使いの呪詛師は「媒介なし!?」「呪力も術師のものと異なる、まさか」と考え、「呪霊操術か」と言う。「ご名答、流石長生きしてるだけはあるね」と夏油が言うと、呪詛師は「術式の格はあちらが上」「だが術師の思考は式神使いのソレだ」「オマケにその若さ、考えていることが手に取るように分かるぞ」「こういうタイプが前に出ることはまずない」「近接戦闘が苦手」「そして式神使いである儂が近づいてくることはまずないと考えておる」「近接嫌いが近接を警戒していない」「殺り易いことこの上ないな」と考えていた。

夏油は「なんか色々考えてるみたいだけど意味ないよ」と廊下の幅一杯の呪霊を出して攻撃していく。

が、呪詛師は窓を経由して夏油の背後に回ってきた。

呪詛師は唯一の友達で、50年以上前に死んでしまった犬の太助のことを思い出していた。

呪詛師は夏油にやられ走馬灯を見ていたのである。

「誘っだな゛」と呪詛師が言うと、夏油は「まぁね、アンタずっと近づきたくてウズウズしてたろ」「勝ち方が決まってる奴は勝ち筋を作ると簡単にノってくる」と返す。

夏油は「そんなことより、アンタ「Q」?盤星教?」と聞く。そして、天内を狙うもう一人の呪詛師が近づいていた。

<<前の話 68話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。