呪術廻戦

【呪術廻戦】66話のネタバレ【伏黒父が登場!?】

呪術廻戦66話のネタバレを掲載しています。66話では、五条と夏油が星漿体護衛任務に駆り出される。そして、さっそく星漿体を狙う呪詛師集団「Q」との戦いが勃発する。呪術廻戦66話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦66話のネタバレ

星漿体の護衛任務

「少女の護衛と抹消」と聞くと「ついにボケたか」と夏油に話す五条悟

夏油は「冗談はさておき、天元様の術式の初期化ですか?」と言うと、夜蛾が「天元様は不死の術式を持っているが不老ではない」「ただ老いる分には問題ないが一定以上の老化を終えると術式が肉体を創り変えようとする」「進化、人でなくなりより高次の存在と成る」と言う。五条が「じゃあいいじゃん」と返すが、夏油が「天元様曰く、その段階の存在には意志というものがないらしい」「天元様が天元様でなくなってしまう」「高専各校呪術界の拠点となる結界、多くの補助監督の結界術、それら全てが天元様によって強度を底上げしている」「あの方の力添えがないと防護や任務の消化すらままならない」「最悪の場合、天元様が人類の敵となる可能性もある」「だから500年に一度、星漿体、天元様と適合する人間と同化し肉体の情報を書き換える」「肉体が一新されれば術式効果もふり出しに戻す」「進化は起こらない」と説明していく。夜蛾から「その星漿体の少女の所在が漏れてしまった」「今少女の命を狙っている輩は大きく分けて2つ」「天元様の暴走による現呪術界の転覆を目論む呪詛師集団「Q」」「天元様を信仰、崇拝する宗教団体盤星教「時の器の会」」「天元様と星漿体の同化は2日後の満月」「それまで少女を護衛し天元様の下まで送り届けるのだ」「失敗すればその影響は一般社会までに及ぶ、心してかかれ」と伝えられる。

伏黒という男

五条が「呪詛師集団の「Q」は分かるけど盤星教の方はなんで少女殺したいわけ?」と聞くと、夏油が「崇拝しているのは純粋な天元様だ」「星漿体、つまりは不純物が混ざるのが許せないのさ」「だが盤星教は非術師の集団だ、特段気にする必要はない」「警戒すべきはやはり「Q」」と返す。五条は「まぁ大丈夫でしょ、俺達最強だし」と言うと、夏油は悟「悟、前から言おうと思っていたんだが一人称「俺」はやめた方がいい、特に目上の人の前ではね」「「私」最低でも「僕」にしな」と言う。

そう話しているとビルで爆破が起こる。

さらに、ビルの高層から「Q」戦闘員コークンによって少女が落とされていく。

が、夏油が呪霊で少女を救出。

救出した少女を見て「この子が星漿体」と考える夏油。夏油の格好を見て「その制服、高専の術師だな」「ガキを渡せ、殺すぞ」とコークンが言うと、夏油は「聞こえないな」「もっと近くで喋ってくれ」と返す。

「いやぁ、セーフセーフ」と言う五条にナイフが放たれ、それを無下限呪術で止める。

「君、五条悟だろ、有名人だ」「強いんだってね」と言いながら「Q」戦闘員のバイエルが近づいてくる。

五条が「ルールを決めよう」「やり過ぎて怒られたくないからね」「泣いて謝れば殺さないでやるよ」と言うと、バイエルが「クソガキが」と返していく。

それを建物から見ていた2人の男たちがいた。

男が「盤星教とは呪術師と戦う力がねぇ」「でも金払いはいいぞ、それは保証する」「どうだ禪院、星漿体暗殺一枚噛まないか?」と言うと、もう一人の男は「もう禪院じゃねぇ、婿に入ったんでな」「今は伏黒だ」「いいぜ、その話受けてやる」と返す。

<<前の話 66話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。