呪術廻戦

【呪術廻戦】65話のネタバレ【五条悟の過去編がスタート】

呪術廻戦65話のネタバレを掲載しています。65話では、五条悟の過去編に突入していく。そこで、星漿体の少女の護衛と抹消という重大な任務を任されていく!?呪術廻戦65話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦65話のネタバレ

五条悟過去編開幕

冥冥と庵は洋館の廊下に捕らわれていた。

冥冥が「ざっと30分、15kmくらい移動したかな」と言うと、庵は「途中つけた印も見当たりませんね」と返す。「となると、屋敷に巣食う呪霊の結界はループ構造ではなく私達の移動に合わせてツギハギしているのかもしれないね」と冥冥が言う。

庵は二手に分かれることを提案する。「ツギハギ説が一番有力ですよね」「二手に分かれてできるだけ速く大きく不規則に動く」「呪霊の結界の構成が間に合わなければ外に出られるハズ」「私達どちらかが脱出できれば後は外から叩くなり応援を呼ぶなりできますよね」と庵が言うと、「いいね、試してみよう」と冥冥が返すが、その瞬間建物にヒビが入っていく。五条悟が助けに来たのであった。

「歌姫、泣いてる?」と言うと、「泣いてねぇよ」とキレる庵。

冥冥が「泣いたら慰めてくれるかな?」「是非お願いしたいね」と言うと、五条は「冥さんは泣かないでしょ、強いもん」と返す。

庵が「五条、私はね助けなんてー」と言うと、背後から呪霊が現れる。

が、その呪霊を夏油の呪霊が捕食していく。

「飲み込むなよ、後で取り込む」「悟、弱い者イジメはよくないよ」と夏油が近づいてくる。

「歌姫センパ〜イ、無事ですか〜?」と家入硝子も現れる。

庵が「2日?」と不思議がると、五条は「あー、やっぱ呪霊の結界で時間ズレてた系?」「冥さんがいるのにおかしいと思ったんだ」と言う。が、冥冥は「そのようだね、それはそうと君達帳は」と聞く。

星蔣体の少女の護衛と抹消

帳を降ろさなかったせいで洋館の大破はニュースに取り上げられていた。

夜蛾が「この中に「帳は自分で降ろすから」と補助監督を置きざりにした奴がいるな」「名乗り出ろ」と言うと、五条が「先生、犯人捜しはやめませんか!?」と言い出す。

五条に指導が加えられる。

五条が「そもそもさぁ、帳ってそこまで必要?」「別に一般人に見られたってよくねぇ?」と言うと、夏油が「駄目に決まってるだろ」「呪霊の発生を抑制するのは何より人々の心の平穏だ」「そのためにも目に見えない脅威は極力秘匿しなければならないのさ」「それだけじゃない」と返す。五条が「弱い奴等に気をつかうのは疲れるよ、ホント」と言うと、夏油は「弱者生存、それがあるべき社会の姿さ」「弱気を助け強気を挫く」「いいかい悟、呪術は非術師を守るためにある」と返すと、五条は「それ正論?」「俺、正論嫌いなんだよね」と言う。

「呪術に理由とか責任を乗っけんのはさ、それこそ弱者がやることだろ」「ポジショントークで気持ち良くなってんじゃねーよ」「オ゛ッエー」と五条が言うと、夏油は「外で話そうか、悟」と返していく。

そこに夜蛾が入ると2人は大人くし着席していた。

夜蛾が「この任務はオマエ達2人に行ってもらう」と言うと、2人は明らかに嫌そうな上場をしていた。夜蛾は「正直荷が重いと思うが天元様のご指名だ」「依頼は2つ、星漿体、天元様との適合者」「その少女の護衛と抹消だ」と伝えていく。

<<前の話 65話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。