呪術廻戦

【呪術廻戦】64話のネタバレ【虎杖を好きな女の子が登場】

呪術廻戦64話のネタバレを掲載しています。64話では、中学時代虎杖を好きだった女性が登場。そして、釘崎が虎杖を呼び出す展開となるが!?呪術廻戦64話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦64話のネタバレ

東堂と冥冥

東堂は卓球をしながら「虎杖は絶対に推薦を受ける」「宿儺が協力的でない以上指との遭遇率を上げるため任務の危険度も上げねばならんからな」「これが何を意味するか分かるかな?」「Ms.冥」と言うと、冥冥は「意味も何もそれが全てじゃないかMr.東堂」と返す。

「青い未来、つまりは東堂葵と虎杖悠仁が共に任務へと立ち向かう青い未来が存在しているということ」と東堂が言うと、冥冥が「いや」と言うが、東堂が「皆まで言うな」「同行する1級術師が俺とは限らない、そう言いたいんだろう」「だがこれは確信だ」と返す。「もげた林檎が地に落ちるが如く俺達は惹かれ合う」「そう、正に運命」と東堂が言うが、冥冥は「いやだから、被推薦者が同行するのは推薦者以外の術者だよ」「虎杖君を推薦したのは私達だから彼が同行するのは私達以外の術師だよ」「お疲れ、先に上がるよMr.東堂」と言い去っていく。

そういうこと

任務が終わり、伏黒は伊地知と直帰し、虎杖は観たい映画を観に行き、釘崎は町をブラブラしていた。そこに、「虎杖君と一緒にいませんでした?」と一人の女性が声をかけてくる。

その女性が中学卒業式の時の写真を見せると今とは別人だった。

そして、隣に写っていたのは虎杖だった。

小沢は「卒業式の日、勇気を出して一緒に撮ってもらったんです」「本当は連絡先とかも聞きたかったけど私東京に越すの決まってたし」「でもさっき虎杖君を見かけて今の私ならもしかしたらなんて」と言うと、釘崎は「え゛っ、優子それって、つまりそういうことね!?」と返していく。

釘崎は伊地知に電話をかけ、伏黒を呼び出し、虎杖について詳しく聞き出そうとする。小沢が「もし釘崎さんも虎杖君のこと」と言うと、釘崎は「ない、天地がランバダを踊ってもない」と返していく。が、釘崎はなぜか胸がもやっとしていた。

「おい、なんなんだよ」とキレ気味に伏黒が現れると、釘崎は「虎杖って彼女いるー??」「実はこの子がかくかくしかじか」と伝える。すると、伏黒も「つまりそういうことか!?」と返していく。

「彼女はまずいないだろ」と伏黒が言うと、釘崎が「根拠は?」と聞き、「急に東京来るってなって特に困った様子なかったしあと部屋にグラビアポスターが貼ってある」「彼女いる奴ってそういうの貼らねーんじゃねぇか?」と返す。小沢が「あの、ちなみに好きなタイプとか」と聞くと、伏黒が「あー、背が高い子が好きって言ってたな」と答え、釘崎と小沢はグラスを合わせていく。

「勝算アリ」と踏んだ釘崎は虎杖を呼び出す。すると、速攻で虎杖が現れる。

釘崎は虎杖に小沢のことを言っていないことに気づく。「これだけの変化、絶対誰だか分かんない」「それは久しぶりに再会した憧れの人に言われたくない台詞No.1なんじゃない!?」と考える。が、虎杖は「小沢じゃん、なにしてんの?」と普通に気づいていく。

小沢は中学時代の虎杖を思い出していた。虎杖がクラスメートに好きな女子を聞かれると、「強いて言うなら小沢」と答えていた。

「いやいや、デブじゃん」と言われるが、「そう?」「でもさ、アイツ食い方とか字とか色々すげー綺麗なんだよ」と返す。

「女の子は太りやすいんだよ、私は初めっから太ってたけど」「私だって私を選ばない人を選ぶ気なんてサラサラない」「虎杖君は私が知らない私を見てくれる」「虎杖君以外の男の子なんて嫌い」「でも私は私が嫌いな人達と同じ尺度で生きている」と小沢は考えていた。

「またな」と言う虎杖。小沢はすでに駅のホームで一人だった。

「本当にいいのか?」「せめて連絡先だけでも」と伏黒が言うが、「私とは交換したし、まぁ大丈夫でしょ」「それより伏黒、私ようやく自分の気持ちに気づいたわ」「私が彼氏を作るより先に虎杖に彼女ができるのがなんかムカつく」と返していく。

<<前の話 64話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。