呪術廻戦

【呪術廻戦】62話のネタバレ【壊相が死亡】

呪術廻戦62話のネタバレを掲載しています。62話では、壊相との戦いが決着。虎杖・釘崎の連携プレイで壊相を倒すことに成功する!?呪術廻戦62話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦62話のネタバレ

想定外の涙

血塗を葬り、「心配しなくてもすぐに兄貴も送ってやるわ」と言う釘崎。すると、壊相が「血塗」と涙を流す。

想定外の感情の振れ幅に虎杖の追撃の手が止まる。釘崎は血塗を見て「コイツなんで消えない!?」「まだ生きて、違う」「呪霊じゃない、肉体があるんだ」と考え、釘崎の手も止まる。そこに、背後のトンネルから軽トラが走ってくる。

壊相は軽トラの荷台に乗り助手席に座る人間を人質に取り、「スピードを上げろ」「ブレーキを踏めば殺す、オマエもコイツも」「分かったな?」と運転手に命令していく。

虎杖は車を追うが、壊相は人質を傷つけ「追うなよ呪術師」と言う。

壊相は「この2人、特にあの女は傷を癒やし確実に殺す」「すまん血塗、弔ってやれなくて」「だが必ず私が仇をー」と考えるが、釘崎が構えているのを見て「あの女、何をしている」とつぶやく。釘崎は壊相の片腕に藁人形を乗せ、芻霊呪法「共鳴り」を発動させる。

壊相死亡

黒閃発動直後の渾身の「共鳴り」が壊相を襲う。「呪詛返しの術式ではなかったのか」と考えながら、壊相はふらつき荷台が落ちていく。そこに、虎杖の渾身の一撃が炸裂。

夏油、真人と人生ゲームで戯れる脹相。

脹相は弟が死んだことを知る。「どういうことだ?」「受肉体ならまだしも2人が指1本分の呪霊にやられるとは思えん」とつぶやくと、夏油はスマホを確認し「報告が入ったよ」「壊相・血塗を殺したのは」「呪術高専1年、虎杖悠仁とその一派だ」と伝える。

<<前の話 62話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。