呪術廻戦

【呪術廻戦】61話のネタバレ【血塗が死亡】

呪術廻戦61話のネタバレを掲載しています。61話では、虎杖・釘崎VS壊相・血塗の戦いが描かれる。釘崎の「共鳴り」で壊相・血塗を追い詰め、弱った血塗に止めを刺していく!?呪術廻戦61話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦61話のネタバレ

虎杖悠仁は止まらない

「痛いのは嫌だろ?」「ならさっさと泣きながら術式解けよ」と言う釘崎。

壊相は「呪詛返しの術式」「我慢比べ、こちらの術式を解かねばコレが続くというわけか」と考えていた。芻霊呪法「共鳴り」は対象から欠損した一部に人形を通して呪力を打ち込むことで対象本体にダメージを与える術式。術式範囲の制限はゆるく、対象との実力差、欠損部位の希少価値によって効果が変わる。血液は芻霊呪法において決して価値は高くないが、「共鳴り」は対象との繋がりを辿る。今、釘崎の中にある壊相・血塗の血液は蝕爛腐術の術式で2人と強く繋がっている。

釘崎は「弟の方にも効いたのはタナボタだな」「このままじゃどーせ死ぬんだ、じゃんじゃか「共鳴り」ブチ込んでやる」と考え、壊相は「なかなかに強烈」「だが何度やっても私達の命には届かない」「我慢さえしていればいずれ死ぬのはアナタ方」「「朽」の発動中は痛みと毒でまともに動けー」と考えていたが、虎杖は普通に攻撃を仕掛けようとしていた。

そして、釘崎が「共鳴り」を発動した隙に血塗が思い切り殴られる。

虎杖悠仁は猛毒呪いの王両面宿儺の器。なので、あらゆる毒に耐性がある。分解の痛みはあれどその果ての毒は虎杖には効かない。痛みだけでは虎杖が止まることはなかった。

血塗が死亡

壊相は「共鳴り」のダメージを無視して血塗を助けに行こうとするが、虎杖と釘崎がスイッチし、釘崎を瀕死の血塗に当てていく。釘崎は手をチラッと見せ「いつでも動きを止められる」という意志を壊相に見せる。壊相は「術式を解くか否か」「このままでは弟を助けに行けない」「「朽」の発動中に「翅王」は出せない」「だが今のあの女に弟を殺すだけの余力があるか!?」「女に妨害されようと女が死ぬより先に私がこの男に殺されることはないだろう」「絶対に術式は解かない」と考えていた。

が、血塗の「兄者」という声を聞き、「俺達は三人で一つだ」という言葉を思い出す。

気づいた時には壊相は術式を解いていた。壊相は「翅王」で背後から釘崎を攻撃しようとする。

釘崎は背後からの攻撃には気づかないほどの集中力を見せる。釘崎の中に毒はまだ残っているが、術式が解け晴れた痛みで意識はより深く研ぎ澄まされていた。虎杖は釘崎に「翅王」が当たる前に眼前の敵を仕留めるという誠心。禪院真希を凌ぐ身体能力・格闘センス、そこに与えられた呪いの力、そして2人は黒閃を発動していく。

黒閃を食らい壊相の右腕は吹き飛んでいく。

「私は確かに、確実に呪力で強化した腕で拳を受けた」「だが気づけば肩ごと飛ばされていた」「ああ、弟よ、死ぬな弟よ」と壊相は考えていたが、血塗はなんとか生きており釘崎の背後から襲いかかる。

が、「まだこっちは見せてなかったわね」と言い、「簪」で止めを刺していく。

<<前の話 61話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。