呪術廻戦

【呪術廻戦】60話のネタバレ【壊相と血塗の正体が呪胎九相図と判明】

呪術廻戦60話のネタバレを掲載しています。60話では、壊相の術式触欄腐術が発動され、虎杖と釘崎がピンチに陥る。そして、壊相と血塗の正体が明らかになる!?呪術廻戦60話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦60話のネタバレ

触欄腐術

壊相は触欄腐術極ノ番「翅王」を発動する。

虎杖は「釘崎、あの血さわんなよ」と言い、逃げていく。

虎杖が「釘崎、もっとスピード出せるか!?」と聞くと、「無理」と答えたので釘崎を抱えていく。

そして、超爆速で「翅王」から逃げていく。

壊相は「翅王」で虎杖を追いかけるが、射程外まで逃げられてしまった。

が、血塗に先回りされ血を吹きかけられる。

虎杖が血を吹きかけられたことに気を取られ、釘崎も「翅王」を食らってしまう。

壊相は「心配しなくても弟の血に私のような性質はありませんよ」「私のだって全身に浴びでもしない限り死にはしません」「まぁ、死ぬ程痛みますがね」「私達の術式はここからです」と言い、触欄腐術「朽」を発動していく。

虎杖と釘崎の体に紋様が現れる。

壊相は「粘膜、傷口、私達兄弟どちらかの血を取り込み私達兄弟どちらかが術式を発動すれば侵入箇所から腐蝕が始まります」「そちらの少年はもって15分、お嬢さんの方は10分が限界でしょう」「朝には骨しか残りませんよ」と言い、虎杖が「やっぱ毒か」と言うと、「結果有毒なだけであって私達の術式はあくまで「分解」ですよ」「さてどうします?」と返す。

呪胎九相図

明治の始め、呪霊の子を孕む特異体質の娘がいた。

呪霊と人間の混血、身に覚えのない懐妊に始まり親類縁者からの風当たりは常軌を逸した。彼女は子の亡骸を抱え山向こうの寺へと駆け込んだ。その寺は呪術師が開いたものだったが、その時点で彼女の運は尽きてしまう。加茂憲倫、多くの呪術文化財と共に史上最悪の術師として名を残す御三家の汚点。

彼の知的好奇心は呪霊と人間の間に産まれた子の虜となる。九度の懐妊、九度の堕胎。それらがどのように行われたのか、その後彼女がどうなってしまったのか一切の記録は破棄されている。呪胎九相図1番〜3番、特級に分類されるほどの呪物となっている。

壊相は「母の記憶はない」「人間にも術師にも特段恨みがあるわけではない」「150年、お互いの存在だけを頼りに封印を保ってきた」と考える。脹相は「呪霊側につくぞ」と壊相と血塗に言う。

壊相が「大丈夫かなアイツら、胡散臭いよ兄さん」と言うと、脹相が「呪霊が描く未来の方が俺達にとって都合がいい」「ただそれだけの事だ、受肉の恩は忘れろ」「いいか弟たちよ、壊相は血塗のために、血塗は俺のために、俺は壊相のために生きる」「俺達は三人で一つだ」と言う。

釘崎は「当たれば勝ちの術式、強いなオマエら」「でも残念、私との相性最悪だよ」と言い、芻霊呪法「共鳴り」を発動していく。

釘崎は「我慢比べしよっか」と不気味な笑みを浮かべていく。

<<前の話 60話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。