呪術廻戦

【呪術廻戦】59話のネタバレ【伏黒と津美紀の過去が明らかに】

呪術廻戦59話のネタバレを掲載しています。59話では、伏黒と伏黒の姉の津美紀の過去が描かれる。そして、虎杖・釘崎VS壊相・血塗の戦いに突入していく!?呪術廻戦59話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦59話のネタバレ

伏黒の過去

特級呪霊を倒し、宿儺の指を入手した伏黒。

宿儺は「いい、それでいい」とつぶやく。

伏黒は嘔吐し、倒れ込んでしまう。学生時代の伏黒が描かれる。大勢の学生をボコしながら、「他人と関わる上での最低限のルール、分かるか?」と言い、「分かりません」と返答されると、「「私はアナタを殺しません、だからアナタも私を殺さないで下さい」だ」と言う。

「殺しを何に置き換えてもいい」「要は相手の尊厳を脅かさない線引き、互いの実在を成す過程、それがルールだ」「それを破って威張って腫れ物みたいに扱われてさぞ居心地良かったろうな」「次俺の前でやったら殺すからな」と言い、その場を去っていく。

そんな伏黒の元に姉の津美紀が現れ、「恵、もう喧嘩しないって言ったよね」と言う。

伏黒は「悪人が嫌いだ、更地みてぇな想像力と感受性でいっちょ前に息をしやがる、気色悪ぃ」「善人が苦手だ、そんな悪人を許してしまう」「許すことを格調高くとらえてる、吐き気がする」「津美紀は典型的善人」と考え、「気持ち悪ィ」とつぶやくと、津美紀にいちごオレを投げられてしまう。

伏黒は小1の時に自身の父親と津美紀の母親それぞれの片親がくっついて蒸発したと五条悟に聞かされていた。五条は「君のお父さんさ、禪院っていういいとこの呪術師の家系なんだけど僕が引くレベルのろくでなしでお家出てって君を作ったってわけ」「恵君はさ、君のお父さんが禪院家に対してとっておいた最高のカードだったんだよ」「ムカつくでしょ」と聞かされ、「蒸発資金の謎が解けた」「俺は禪院家とやらに売られたらしい」「あぁ、ムカつくよ」「アンタのそのデリカシーのなさが特に」「でもそのムカつく男が禪院家の件を帳消しにして俺が将来呪術師として働くことを担保に俺達2人の高専からの金銭的援助を通してくれた」「何が呪術師だ、馬鹿馬鹿しい」「俺が誰を助けるってんだよ」と考えていた。

伏黒が中3に上がって間もなく津美紀が呪われた。正体不明、出自不明、全国に同じような被呪者がいるが、何も分からないということだけが分かり、津美紀は寝たきりになった。

津美紀は伏黒が誰かを傷つけると本気で怒り、伏黒は事なかれ主義の偽善だと思い、それにイラついていたが今はその考えが間違いだったと理解していた。「俺が助ける人間を選ぶように俺を選んで心配してくれてたんだろ」「悪かったよ、ガキだったんだ」「謝るからさ、さっさと起きろよバカ姉貴」「この八十八橋の呪いも重複してただけで津美紀が寝たきりの原因になった呪いは解けてないだろうな」「あとは指の事を虎杖に何て」と考えながら、伏黒は眠ってしまった。

バチ殺し

壊相は「急に現れた大きな気配、宿儺の指が結界から出たのか」「もし指の寄主を祓ったのが術師だとしたらなかなか」と考え、釘崎は「だとしても指の特級相当の呪霊と殺り合って勝ったとしても無傷で済むわけないでしょ、アイツら無事かしら」と考える。壊相は「失言、私が話したことは忘れて下さい」と指の元に向かおうとするので、釘崎も追いかけていく。

釘崎が「ナメた走り方しやがって、そんなんでちぎれると思ってんのかよ」と言うと、壊相は「私、自分の背中がコンプレックスでして」「警告です、私の背中を見たら殺しますよ」と言うが、その背後から虎杖と血塗が現れる。

壊相のコンプレックスの背中が露わになる。

事故で見てしまった虎杖と血塗は謝るが、壊相は「殺す」とブチギレている。釘崎が金槌で殴り、「じゃあなんでんな格好してんだよ」と言うと、「ムレるんだよ」と返し、蝕爛腐術 極ノ番 「翅王」を発動していく。

<<前の話 59話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。