呪術廻戦

【呪術廻戦】58話のネタバレ【伏黒が領域展開を発動】

呪術廻戦58話のネタバレを掲載しています。58話では、伏黒と宿儺の指を取り込んだ特級呪霊との戦いが描かれる。伏黒が窮地に立たされる中、まさかの領域展開を発動させていく!?呪術廻戦58話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦58話のネタバレ

本気の出し方

伏黒は「これは共振だ」「取り込まれた呪霊の中で力を抑えていた宿儺の指が6月の虎杖の受肉をキッカケに呪力を解放したんだ」「見てくれは同じだが恐らく少年院の奴より数段強い」と考えていた。

特級呪霊に「鵺」を出して対峙する伏黒。

伏黒は五条悟との稽古を思い出していた。五条が「はーい、また僕の勝ちー」「珍しいよね、恵が僕に稽古頼むなんて」「悠仁に追い越されて焦った?」と言うと、伏黒は「まぁ、背に腹は代えられませんから」と返す。

五条が「恵はさぁ、実力も潜在能力も悠仁と遜色ないと思ってんだよね」「後は意識の問題だと思うよ」「恵、本気の出し方知らないでしょ」と言うと、伏黒は「は?」「俺が本気でやってないって言うんですか」とブチギレるが、五条は「やってないんじゃなくてできてないんだよ」「例えばさぁ、この前の野球なんで送りバントしたの」「自分が死になっても野薔薇の塁を進めたかった?」「それはご立派」「でも悠仁や僕なら常にホームランを狙う」「バントが悪いって言ってんじゃないよ」「野球は団体競技、それぞれに役割があるからね」「でも呪術師はあくまで個人競技」と返す。伏黒が「他の術師との連携は大事でしょ」と言うと、五条は「まぁね、でも周りに味方が何人いようと死ぬときは独りだよ」と返す。

五条は「君は自他を過小評価した材料でしか組み立てができない」「少し未来の強くなった自分を想像できない」「君の奥の手のせいかな、最悪自分が死ねば全て解決できると思ってる」「それじゃ僕どころか七海にもなれないよ」「「死んで勝つ」と「死んでも勝つ」は全然違うよ、恵」「本気でやれ、もっと欲張れ」と伝えていく。

領域展開「嵌合暗翳庭」

特級呪霊にやられ数秒気を失っていた伏黒。目を覚ますと「玉犬は破壊、いや術式が解けたか」「ここまでだな」と考え「布瑠部ー」と唱えようとする。

が、「宝の持ち腐れだな」という宿儺の言葉を思い出し、「やめだ」と言い放つ。

「影の奥行きを全て吐き出す」「具体的なアウトラインは後回し」「呪力を練ったそばから押し出していけ」とつぶやき、領域展開「嵌合暗翳庭」を発動していく。

地面の影の式神で足を捕らえた隙に伏黒が蹴りをかましていく。

特級呪霊に頭を貫かれるが影となり攻撃を無力化していく。

特級呪霊が呪力を解放すると伏黒の領域展開は押し負けてしまう。

が、玉犬の爪で特級呪霊の体を背後から貫いていく。

<<前の話 58話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。