呪術廻戦

【呪術廻戦】56話のネタバレ【伏黒の姉津美紀死亡の危機に!?】

呪術廻戦56話のネタバレを掲載しています。56話では、ついに虎杖たちが八十八橋に巣食う呪霊を発見する。が、そこに九相図の呪肉体が乱入してくる!?呪術廻戦56話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦56話のネタバレ

津美紀の危機

八十八橋で張り込む虎杖らだったが、呪霊の気配はまったく見えなかった。

伏黒が「残穢も気配もまるで感じられませんでした」と言うと、新田は「っスか」「となるとハズレ、ふりだしっスかね」と返す。が、虎杖が「でも時間かけるのはマズくねぇ?」「有名な心霊スポットなんだろ?」「呪われてる人はまだまだいるかも」「しかも今ん所致死率100%、これ以上人死には勘弁だろ」と言う。新田が「流行ってたのはバンジーっスよね、「飛び降りる」って行為が鍵なんじゃないっスか?」と言うと、伏黒が「それはもう虎杖で試しました」と返す。

そこに伏黒の後輩が現れる。

その姉の伏黒の同級生が「森下さんって近所でお葬式やってて、その人と八十八橋のこと調べてるってこの子に聞いたから何か関係あるのかなって」と話し始める。

伏黒が「関係って?」と聞くと、「私行ってるの、中2の時夜の八十八橋に」と言う。

新田が「最近何かお家で変な事ないっスか?」「家族の中で自分だけが感じる違和感とか」と聞くと、「私の家、地方のアンテナショップやってるんですけど私が帰るときだけお店の自動ドアが開きっぱなしなんです」「お父さんもお母さんもたまたまだって言うんですけど絶対何かいるんです」と答える。

新田が「自動ドアの話はいつ頃からっスか?」と聞くと、「丁度1週間前から1日置き位」と答えると、伏黒は「被害者4人共異常発覚から亡くなるまで最低でも2週間は空いてる」と考える。釘崎が「当時八十八橋に1人で行ったわけじゃないわよね?」「誰と行ったか覚えてる?」と聞くと、「あの、やっぱり何か関係が」と怖がったので、新田が「自動ドアとはね、でも森下さんが亡くなったのには関係ないっスよ」「私の大学の課題を伏黒君達に手伝ってもらってるんス」「「心霊スポットにおける電磁波と電化製品への影響」、ゲロダルいっス」「でも色んな人の話聞きたいから一緒に行った人教えてほしいっス」とフォローしながら「嘘つくからには助けないと」と考えていた。伏黒の同級生だった女の子は安心し、「肝試しに行ったのは部活の先輩2人」「そうだ伏黒君、あの時津美紀さんも一緒にいたよ」と伝えていく。

九相図の受肉体が乱入

伏黒は「そうか、じゃあ津美紀にも聞いてみるわ」と平然と応答するフリをするが、焦りを隠せていなかった。

伏黒は「大丈夫だ、悪ィ少し外す」と伊地知に連絡し津美紀に護衛をつけてもらう。が、今手の空いているのは2級術師だけだった。伊地知は「被呪者の数がこちらの想定よりずっと多いとなると呪いの等級も見直さねばなりません」「恐らく虎杖君の成長を加味した上で割り振られた任務」「そこから更に危険度が上がるとなると2級術師の手には余るかと」「皆さんも同様です、個人的には撤退をすすめます」と伝える。伏黒は「どうする、俺だけでも今すぐ戻るか?」「いやもう3人でも危険な任務だ、2人だけには任せられない」「来週には五条先生も帰ってくる」「その時改めて、違ぇだろ、問題は時間制限だ」と考えていた。「呪霊が襲ってくるタイプじゃなくマーキングした人間の内側から術式が発動するタイプなら側で守り続けても意味がない」「今すぐ祓うしかない」と考える。

「なんで伊地知さんと話してんの?」と釘崎に聞かれると、伏黒は「問題ない、それより任務の危険度が吊り上がった」「この件は他の術師に引き継がれる、オマエらはもう帰れ」と言う。虎杖が「オマエらって伏黒は?」と聞くと、「俺は武田さんに挨拶して帰る、ほら行け」と車に乗せていく・

伏黒は新田が「藤沼さんは八十八橋の上には行ってないっス」「肝試しは橋の下で行われたっス」「多分上から降りちゃ駄目なんスよ」「呪霊が結界内にいるなら手順は大事っス」「夜に下から、それからもう一つ」と言っていたことを思い出し、「術式を付与した領域を延々と展開し続けるのは不可能だ」「となるとこの結界は少年院の時のような未完成の領域だ」「今回は逆に助かった、帳の必要がない」と考えながら橋の下を歩いていた。

が、背後には虎杖と釘崎がいた。

虎杖は「別に何でも話してくれとは言わねぇけどさ」「せめて頼れよ、友達だろ」と言う。それを聞いた伏黒は、「津美紀は寝たきりだ」「この八十八橋の呪いは被呪者の前にだけ現れる」「本人が申告できない以上いつ呪い殺されるか分からない」「だから今すぐ祓いたい」と伝える。

新田の「夜に下からそれからもう1つ、峡谷の下に川があるかも」「川や境界を跨ぐ、彼岸へ渡る行為は呪術的に大きな意味を持つっス」と言っていたのを思い出しながら川を渡ると、呪霊が姿を現す。

が、そこに九相図の受肉体が乱入してくる。

虎杖が「伏黒、コイツ別件だよな」と聞き、「オマエらはそっち集中しろ」「コイツは俺が祓う」と九相図の受肉体と対峙していく。

<<前の話 56話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。