呪術廻戦

【呪術廻戦】49話のネタバレ【ついに東堂が術式を解禁することに!?】

呪術廻戦49話のネタバレを掲載しています。49話では、黒閃を会得してパワーアップした虎杖と東堂の連携で花御を追い詰めていく。そして、ついに東堂が術式を解禁していく!?呪術廻戦49話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦49話のネタバレ

黒閃

虎杖の攻撃を見て「成ったな」とつぶやく東堂。虎杖は「今のが「黒閃」」とつぶやき、「なんだ?これ俺の呪力だよな?」と考える。

東堂は「呪力の味を理解したんだ」「オマエは今まで口に入れたことのない食材をなんとなく鍋に入れて煮込んでいるような状態だった」「だが「黒閃」を経て呪力という食材の味を理解した今呪術師として3秒前の自分とは別次元に立っている」「おめでとう超親友、オマエは強くなれる」と言う。

花御は「宿儺の器は術師として未成熟と聞いていたが」「加えてあの謎の男」「その他大勢とは何か違う」と考え、右腕を復活させる。

虎杖が「治んのか」と言うと、東堂は「呪霊の体は呪力でできている」「人間とは違い治癒に高度な反転術式は必要ない」「特級となればあの程度の怪我わけないさ」「だが確実に呪力は削れるし急所を潰せば終了だ」「さあ調理を始めようか」と返す。

花御は「どうやら貴方達には多少本気を出した方がよさそうだ」と左腕を解放する。

花御は超巨大な木を生やし超広範囲を攻撃していく。

虎杖が「なんつー攻撃範囲」と言うが、東堂は「ビビるな、その分強度と速度は低い」と返す。木の中から花御が現れ不意打ちの種子を飛ばすが、二人に回避され反撃をもらう。

花御は「重い、先刻の黒く光る打撃程ではないが各々が確実に私にダメージを与えるだけの威力がある」と考えていた。虎杖は「東堂、もっとタイミングを合わせよう」と言い、花御に向かっていくが花見は足元の木を消滅させていく。

東堂は「油断、これだけの質量実物に呪力を通し操っていると思っていた」「全て彼奴の呪力で具現化・顕現したモノ」「流石は特級」と考えていた。花御は木の鞠で宙に浮かび、落下中の二人に攻撃を仕掛ける。

虎杖と東堂はお互いを足で押し合い攻撃を躱す。

花御は「アレを躱すか」「しかしなんだ、なんだこの気持ちは」と考えていた。

東堂が術式を解禁

花御は真人との会話を思い出していた。花御は真人から「花御はさ、もっと正直になりなよ」「嘘つきって言ってるわけじゃないさ」「君の戦う目的は知ってる」「でもその過程「戦い」という今現在をもっと楽しんだ方がいいと思うよ」と言われていた。花御が「真人は楽しいのですか?」と聞くと、「まぁね」「でも、最中感じる愉悦が快楽が動機になったのはごく最近だよ」「気づけば欺き、誑かし、殺し、いつの間にか満たされている」「人間が食って寝て犯すようにこれが呪いの本能なんだろう」「俺達は理性を獲得したかもしれない」「でもそれは本能に逆らう理由にはならないよ」「魂は本能と理性のブレンド」「その割合は他人にとやく言われるもんじゃないけどさ」「君の魂は少し窮屈そうだ」「花御ってさ、本当はもっと強いんじゃない?」と返す。

花御は地面に花畑を咲かせる。

そして、地面から木の根を生やし二人を攻撃する。

花御は「真人、私は今戦いを楽しんでいます」と考えていた。

東堂は虎杖の無事を確認すると、「俺の術式を解禁する」と口にしていく。

<<前の話 49話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。