呪術廻戦

【呪術廻戦】46話のネタバレ【真希が最強の呪具を手に取る!?】

呪術廻戦46話のネタバレを掲載しています。46話では、花御との戦いの中で狗巻が限界を迎え、伏黒たちは窮地に立たされる。が、真希が秘密兵器を手に取り、花御に逆襲していく!?呪術廻戦46話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦46話のネタバレ

限界

帳に侵入する楽巌寺と庵。

庵は「なんて濃い呪いの気配」「まさか特級クラスが来てるんじゃないでしょうね」と感じていた。そこに一人の呪詛師が近づいてくる。

楽巌寺は「呪詛師、気配の主ではないが中々にできるの」と感じていた。楽巌寺は「歌姫、先に行け」「学生の保護優先、極力戦うな」と伝える。呪詛師は「待て待て、せmて女を殺らせろ」「ジジィのスカスカの骨とシワッシワの皮じゃなんも作れねーよ」と言うと、楽巌寺は「スカスカかどうかは儂を殺して確かめろ」と戦う構えを取る。

花御から逃げる伏黒・狗巻・加茂。

花御が攻撃を仕掛けるが、狗巻が「止まれ」と命じて攻撃を止め、加茂が「百斂」「穿血」で反撃する。

伏黒は「アレに傷をつけた」「俺と戦った時は全然本気じゃなかったのか」と感じていた。「急げ、どうせすぐ治してくる」と再び逃走を図るが、加茂は「狗巻で止めて私達で攻撃し距離を取る」「この繰り返しで帳の外を目指し楽長達と合流」「だがいつ今の均衡が崩れるか分からない」「ただでさえ呪言の効きが悪く教員との連絡をとる隙がない」「奴が呪言の対処法に気づいたら終わり」「呪霊の目的も不明だ」「楽長達や高専に待機している術師が動けていない可能性もある」「早めに東堂、最低でも三輪と合流したい所だが」と考えていた。

伏黒が「狗巻先輩が止めてくれる」「ビビらずいけ」と鵺を繰り出すが、花御の動きが止まらずやられてしまう。

狗巻の喉が限界を迎えていた。

もっといい武器

「先に限界がきたのは狗巻か」と考える加茂。花御に叩きつけられていく。

伏黒は花御の追撃から加茂を助け出し、「強い言霊を使っていないのに先輩の喉が潰れた」「それだけ格上」と考えていた。

が、狗巻は伏黒の肩を叩きながら「高菜」と口にする。伏黒は「狗巻先輩、それ以上は」と止めるが、狗巻は「ぶっとべ」と口にする。

狗巻の呪言で吹っ飛んでいく花御。

その背後から真希が斬りかかるが、真希の刀では花御の体を斬ることはできなかった。

伏黒が花御の目の部分の木を斬ることに成功し、「目の樹は他と比べて脆い」と考えていた。

花御が「こちらの刀は悪くない」と言うと、「もっといいのがあるぜ」「これを使うのは胸糞悪ィけどな」と真希は伏黒から三節棍を受け取っていく。

<<前の話 46話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。