呪術廻戦

【呪術廻戦】45話のネタバレ【五条悟が入れない帳が降ろされる展開に!?】

呪術廻戦45話のネタバレを掲載しています。45話では、五条悟だけが入れない帳が降ろされ、五条が戦闘に参加することができなくなってしまう。そして、伏黒らと特級呪霊花御が対峙していく。呪術廻戦45話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦45話のネタバレ

呪霊討伐を告げる呪符がすべて赤色に燃えていく。

冥冥が「妙だな、烏達が誰も何も見ていない」と言うと、五条悟は「GTGの生徒達が祓ったって言いたい所だけど未登録の呪力でも札は赤く燃える」と返す。庵が「外部の人間、侵入者ってことですか?」と聞くと、楽巌寺は「外部であろうと内部であろうと不測の事態には変わるまい」と答え、「アレを祓ったとなるとそれなりの手練、何者だ?」と考えていた。

夜蛾は「俺は天元様の所に、悟は楽巌寺学長と学生の保護を」「冥はここで区画内の学生の位置を特定、悟達に逐一報告してくれ」と伝える。

呪詛師が帳を降ろす。

帳を確認した庵が「五条、帳が下りきる前にアンタだけ先行け」と言うが、「いや無理」と返す。五条は「実質あの帳はもう完成してる」「視覚効果より術式効果を優先してあるのか」と考えていた。

「ま、下りた所で破りゃいい話でしょ」と帳に触れるが弾かれてしまう。

が、五条は弾かれるが庵は普通に入ることができていた。

五条は「成程」「歌姫、お爺ちゃん先に行って」「この帳、五条悟の侵入を拒む代わりにその他全ての者が出入り可能な結界だ」と言う。庵は「確かにそれなら足し引きの辻褄は合う」「でも特定の個人のみに作用する結界なんて余程」と考えていた。五条は「余程腕が立つ呪詛師がいる」「しかもこちらの情報をある程度把握してるね」「ほら行った行った」「何が目的か知らないけど一人でも死んだら僕らの負けだ」と言う。

特級呪霊の脅威

伏黒らの前に特級呪霊が現れる。

伏黒は「相手は「領域」を使うかもしれません」「距離を取って五条先生の所まで」と言い、スマホで連絡を取ろうとするが、花御に一瞬で間を詰められスマホを壊されてしまう。

狗巻が「動くな」と命じ花御の動きを止め、加茂が赤血操術「苅祓」で攻撃を仕掛ける。

さらに、伏黒の鵺による奇襲、伏黒が刀で斬りかかるがまったくダメージはなかった。花御は「やめなさい愚かな児等よ」と語りかけていく。

花御は「私はただこの星を守りたいだけだ」「森も海も空ももう我慢ならぬと泣いています」「これ以上人間との今共存は不可能です」「星に優しい人間がいることは彼らも知っています」「しかし、その慈愛がどれだけの足しになろうか」「彼らはただ時間を欲している」「時間さえあれば星はまた青く輝く」「人間のいない時間」「死して賢者となりなさい」と向かってくる。

<<前の話 45話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。