呪術廻戦

【呪術廻戦】44話のネタバレ【伏黒と加茂の御三家バトルが決着!?】

呪術廻戦44話のネタバレを掲載しています。44話では、伏黒と加茂の御三家対決が繰り広げられる。が、そこに特級呪霊の花御が乱入してくる!?呪術廻戦44話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦44話のネタバレ

呪い合うしかない

加茂が母親に「なんで皆母様を虐めるのですか」と聞くと、「爛れた側妻だからよ」と返す。加茂が「では何故私を贔屓する?」「何故嫡男と偽り迎えた」と聞くと、母親は「正室が術式を継いだ男児を産めなかったからよ」と返す。「ならば加茂家当主として」と、伏黒に襲いかかる。

伏黒の立ち回りを見て加茂は「近接戦でここまで立ち回れる式神使いは貴重だよ」「成長したね、嬉しいよ」と言う。伏黒が「ちょいちょい出してくる仲間意識なんなんですか?」と聞くと、加茂は「共感さ」「君はゆくゆく御三家を支える人間になる」「私は虎杖悠仁を殺すつもりだ」と返す。伏黒が「楽巌寺学長の指示ですか?」と聞くと、加茂は「いや私個人の判断だ」「それが御三家、加茂家の人間として正しい判断だと思っている」「君にも理解できるはずだ」「君と私は同類だ」と返す。が、伏黒は「違います」ときっぱり言う。

伏黒は「そういう話は真希さんにして下さい」「俺にもう禪院家との繋がりはありませんよ」「それに俺は自分のこと「正しい」なんて思ってないです」「いや、スミマセン違いますね」「俺は自分が正しいとか間違ってるとかどうでもいいんです」「ただ俺は自分の良心を信じてる」「自分の良心に従って人を助ける」「それを否定されたら後は呪い合うしかないですよね」と言う。

逃げろ

伏黒が加茂の背後から蝦蟇を出し、加茂がそれに反応するがそれは囮だった。

伏黒は「これは呪力喰うので単体でしか使えないんです」「最近調伏したばかりなので」と「満象」を出す。

「的が大きい、先手を取る」と考えるが満象の水で押し流されていく。

加茂は「量と圧で押し流された」「広い場所はマズイ、アレがくる」と考え、伏黒は「鵺」で攻撃していく。

加茂は母親のことを思い出しながら、血が入った袋を投げ赤血操術「赤縛」で鵺を拘束する。

加茂が「負けるわけにはいかないのだ」と伏黒に向かっていくと、遠くで巨大な木の根が出現する。

木の根が2人を襲うことに狗巻が気づくと、「逃げろ」という呪言を唱え2人を逃していく。

遠くで呪詛師が「派手にやってんなぁ」「でもなぁ、呪霊はなぁ、死んだらなんも残んねぇからなぁ、なんも作れねぇ、よっなぁ」と釘を打ち込んでいく。

そして、「「闇より出でて闇より黒くその穢れを禊ぎ祓え」」と唱え、帳を降ろしていく。

<<前の話 44話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。