呪術廻戦

【呪術廻戦】41話のネタバレ【禪院姉妹対決に突入】

呪術廻戦41話のネタバレを掲載しています。41話では、釘崎と西宮の戦いがとある形で決着を迎える。そして、禪院姉妹対決に突入していく!?呪術廻戦41話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦41話のネタバレ

釘崎VS西宮

「テメェが面倒くせぇのは分かったよ」と西宮に言い放つ釘崎。

西宮は呪力の風で吹き飛ばすが釘崎は耐えていく。

西宮は「この子、1年の割に戦い慣れてる?」「何回フッ飛ばしてもピンピンしてる」と感じており、釘崎は「こちとらブン投げられ慣れてんだよ」とパンダとの特訓を思い出していた。西宮は「これ以上出力を上げれば殺しかねない」「いやそれは言い訳だ、攻め切れない一番の理由、狗巻君」と考えていた。

西宮は加茂憲紀が「「呪言」は言霊、音に呪力を乗せるわけだからこちらも耳から脳にかけてを呪力で守ればいい」「「呪言」は対呪霊に特化した術式なんだ」「さっきも言ったが術師にとっては来ると分かっていればそこまで怖いものじゃない」と言っていたのを思い出すが、「逆にいえば来るか来ないか分からないと延々と気を散らされる」「ただでさえ頭の内側を守るなんて慣れてないのに」「いてもいなくても厄介」と考えていた。

釘崎は「説教は終わりかよ」と釘を飛ばしていくが、西宮は躱しながら「真依ちゃんが求められてるのは完璧なんて生やさしいもんじゃない」「エリート呪術師の家系御三家の一つ禪院家」「そこでは完璧なんて当たり前」「「禪院家相伝の術式を引き継いでいること」それ以外は落伍者として術師人生をスタートする」「その中でも女はスタートラインにすら立たせてもらえないこともあるの」「「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人に非ず」、そんなカワイい気のカケらのない家に一生仕えて蔑まれて生きる」「私達が当然のように享受している環境を手にするのに真依ちゃん達がどれだけ苦労しているか虎杖君を仲間だと勘違いできる頭でよく考えたら?」と言う。釘崎は「うるせぇよ」「不幸なら何しても許されんのかよ」「じゃあ何か?」「逆に恵まれた人間が後ろ指差されりゃ満足か?」「どんな生い立ちだろうと私はアイツが気に食わねぇ」「同じ生い立ちでも私は真希さんが大好きだ」「テメェらこそこれから呪おうとしてるバカがどんな人間か少しは考えたことあんのかよ」「完璧も理不尽も応える義務がどこにある?」「テメェの人生は仕事かよ」と芻霊呪法「簪」を発動していく。

「簪」で破壊され落ちてきた木を躱す西宮。だが、釘崎が先回りしていた。

西宮は「高度を落としたってそれじゃあ届かないでしょ」と釘崎の攻撃を防ぐが、釘崎は「いーや、届いたわよ」と考えていた。釘崎は藁人形に箒の枝を刺していく。

「男がどうとか女がどうとか知ったこっちゃねーんだよ、テメェらだけで勝手にやってろ」「私は綺麗にオシャレしてる私が大好きだ」「強くあろうとする私が大好きだ」「私は「釘崎野薔薇」なんだよ」と藁人形に攻撃すると、西宮は箒が操作できなくなっていた。

禪院姉妹対決に突入

「私がトンカチで殴れば下手すりゃ殺しちゃう、だから」とピコピコハンマーを取り出し殴りかかっていく。

ピコピコハンマーのラッシュで追い詰め、「もう一発」と殴りかかろうとしたところで釘崎の額を銃弾が捉える。

有効射程ギリギリから禪院真希が狙っていた。

真依は「もしもし桃?」「大丈夫ゴム弾よ」「それよりさっきの光「三重大祓砲」よね」「でもメカ丸と連絡が取れないの」「あの大技を出す程追い詰められてコレなら負け濃厚」「多分パンダが戻ってくるわ」「そこを離れて上から皆をサポートして」「アナタがいないと困るわ」と連絡をする。そんな真依の元に真希が現れる。

真希が「仲間呼ばねーの?」「別に私は2対1でもいいぜ?」と言うと、真依は「楽しみ方って色々あるでしょ?」「皆でボコボコにするより一人で楽しみたいの」と返していく。

<<前の話 41話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。