呪術廻戦

【呪術廻戦】35話のネタバレ【虎杖と東堂が親友になる展開に!?】

呪術廻戦35話のネタバレを掲載しています。35話では、虎杖と東堂が親友になる展開に!?そして、虎杖を殺すべく京都校のメンバーが虎杖の元に集結していく!?呪術廻戦35話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦35話のネタバレ

脳内に溢れ出した存在しない記憶

虎杖が「女の好み?」「なんで今そんな事聞くんだよ」と言うと、東堂は「気にするな」「ただの品定めだ」と返す。虎杖は「よく分かんねぇけど強いて言うなら尻と身長のデカい女の子」と答える。

瞬間、東堂の脳内に存在しない記憶が溢れ出す。

「俺、高田ちゃんに告る」と東堂が言うと、虎杖は「やめとけ」「俺、オマエ慰めんの嫌だぞ!?」と返す。東堂が「なんでフラれる前提なんだよ」と言うと、虎杖は「逆になんでOKもらえると思ってんだよー」と言う。東堂が「このアン・サリバンはヘレン・ケラーにこう説いた」「「やる前に負けることを考える馬鹿がいるか」と言うと、虎杖は「それ言ったの猪木だろ」と返す。案の定、東堂は高田ちゃんにフラれていた。

落ち込む東堂は「好きな人が俺ってパターンは」とつぶやくが、「ある訳ねーだろ」と虎杖がツッコム。そして、「ラーメン奢ってやるよ」と東堂を励ますのであった。

「地元じゃ負け知らず、か」「どうやら俺達は親友のようだな」と東堂は涙を流していく。

西宮は上空から「うん、そのまままっすぐ」「でも東堂君いるよ」と京都校メンバーに連絡を取る。すると、虎杖の元に京都校の人間たちが集まってくる。

禪院真依が銃を放ち、三輪がシン・陰流 簡易領域「抜刀」で攻撃するが、虎杖はどちらも回避していく。

メカ丸がビームを放つ構えを見せると、虎杖は「アレ?」「コイツら俺のこと、殺す気じゃねぇ?」と考えていた。

仲間の助け

東堂が手を叩くと虎杖と加茂の位置が入れ替わっていた。

東堂は「おい」「言ったよな、邪魔をすれば殺すと」と加茂に殴りかかる。

加茂は「違うな」「オマエは指図すれば殺すと言った」と言うが、東堂は「同じことだ帰れ」と返す。加茂は「ちゃんと殺せよ」と言うが、東堂は「それは虎杖次第だ」「なんせ俺は親友に手加減するような野暮な漢じゃないからな」と返す。

西宮は相変わらず上空から索敵していたが、伏黒の鵺に襲われる。

加茂は真依とメカ丸に西宮のカバーを任せる。そこに、禪院真希と伏黒が現れ、三輪と加茂の戦闘に突入していく。

<<前の話 35話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。