呪術廻戦

【呪術廻戦】32話のネタバレ【虎杖生存サプライズが大スベりww】

呪術廻戦32話のネタバレを掲載しています。32話では、姉妹校交流会のため、東京校と京都校のメンバーが一同に介していく。そして、虎杖が渾身のサプライズをかますが大スベりする展開に!?呪術廻戦32話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦32話のネタバレ

呪霊たちの策

山麓にて休息を取る漏瑚の元に真人が駆け寄る。

真人が「呪力は大分戻ったようだね」と言うと、漏瑚は「まぁな、ここな居心地がいい、人間共も寄りつかん」と言うと、真人は「肉体がないのも考えもんだよねー、自己補完の効率悪いし」と言う。夏油が「真人、オマエも随分と消耗しているな」と言うと、真人は「あ、バレたー?」「宿儺と器、アイツら天敵でさあ」「たまたま手に入った玩具から始まった遊びだったけどなかなかうまくいかないね」「やっぱり人質とってハッキリ縛り作らせるべきじゃなかった?」と返すと、夏油は「いや縛りはあくまで自分が自分に科すものだ」「他者の介入や他者間との縛りは簡単ではないよ」と返す。

真人は「漏瑚、宿儺に触れて分かったけどとりあえず夏油のプランを軸に進めていいと思う」「宿儺にはそれだけの価値がある」と言うと、漏瑚は「指を全て集め宿儺に献上する、か」「結果儂らが全滅してもだな」「いいだろう、100年後の荒野で笑うのは儂である必要はない」「呪いが人として立っていればそれでいい」と言う。

夏油が「じゃ、まず高専の保有する6本の指を回収するよ」と言うと、漏瑚は「必要か?」「術師は宿儺の指を取り込ませるために虎杖悠仁を飼っているのであろう?」と返す。すると、夏油は「高専上層部は虎杖悠仁の器としての強度を計りかねている」「何本目から暴走するとかね」「例外を除いて取り込ませるのは全ての指を揃えた後さ」「それまで待てないだろ?」「最悪虎杖悠仁が上に消される可能性もある」と言う。漏瑚が「虎穴に入らずんばか、さてどうしたものか」と言うと、夏油は「手は打ってある」「そのために手持ちの指を高専に回収させたんだから」と返す。

サプライズ

五条七海に「なんか面白い話してぇ〜」と言う。

「五条悟の大好きな所で山手線ゲーム」「「全部」」と五条が言うと、七海は「その調子で頼みますよ」「今の虎杖君にはそういう馬鹿さが必要ですから」と返す。五条は「重めの任務をいくつかこなしてもらう」と言ったことを思い出しながら、「重めってそういう意味じゃなかったんだけどなぁ」とつぶやく。五条が「吉野って子の家にあった指について悠仁にー」と聞こうとすると、七海は「言ってません」「彼の場合不要な責任を感じるでしょう」と返す。五条が「で、指は?」と聞くと、七海は「ちゃんと提出しましたよ」「アナタに渡すと虎杖君に食べさせるでしょ」と答える。

そこに虎杖が現れ、「はやく皆のとこ行こうぜ」と言う。

が、五条は「悠仁、もしかしてここまで引っ張って普通に登場するつもり?」「死んでた仲間が2月後、実は生きてましたなんて術師やっててもそうないよ」「やるでしょ、サプライズ」と言う。

五条が「ま、僕に任せてよ」「一年は嬉しさと驚きで泣き笑い、二年も京都ももらい泣き」「嗚咽のあまりゲロを吐く者も現れ最終的に地球温暖化も解決する」と言うと、虎杖は「イイネ」と五条の案に乗る。

釘崎が集合場所に集めると、他のメンバーが手ぶらであることに驚く。

釘崎は京都で姉妹校交流会があると思っていたが、実際は東京で京都の姉妹校と交流会だった。パンダが「去年勝った方の学校でやんだよ」と言うと、「勝ってんじゃねーよ」と釘崎はキレる。去年は人数合わせで乙骨が参加したが、圧勝だったらしい。

そこに京都校メンバーが現れる。

引率の庵も登場。

五条が遅れてやって来ると、京都校の人間にお土産を渡していく。そして、東京校メンバーには故人の虎杖をお土産に持ってくる。

驚愕する東京校メンバー。

京都の楽巌寺学長も驚いていた。

五条が「いやー、良かった良かった」「びっくりして死んじゃったらどうしようかと心配しましたよ」と言うと、楽巌寺は「糞餓鬼が」とブチギレる。

釘崎も「何か言うことあんだろ」とブチギレていた。

<<前の話 32話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。