呪術廻戦

【呪術廻戦】28話のネタバレ【虎杖が真人の天敵だと明らかに】

呪術廻戦28話のネタバレを掲載しています。28話では、真人が虎杖を天敵と認識する。そして、虎杖と真人の戦いに七海が参戦してくる!?呪術廻戦28話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦28話のネタバレ

天敵

真人は「虎杖悠仁は自らの命を顧みない」「人質による外的な縛りは夏油に止められている」「ならば殺したい程憎い相手を殺せない時、彼は宿儺に頼るだろうか」「順平で足りなければ生徒を一人ずつ目の前で変えればいい」「利害を越えた憎しみで宿儺との交渉を促し虎杖悠仁に縛りを科す」「それで宿儺を仲間に引き入れる確率が上がれば万々歳」「だがこれは俺が彼より強いことが大前提」「なかなかどうして天敵」と考えていた。

虎杖の攻撃を翼を生やして躱す真人。

虎杖は「コロコロ形を変えやがる」「締めや投げからの組み立ては考えない方がいいか?」と考え、真人は「攻撃が効くと分かった以上、形を変え的を大きくするのは得策じゃない」と考え、虎杖は「何百回でも何千回でもグチャグチャになるまで叩き潰す」と真人は「より洗練された殺すための形、殺すためのインスピレーションを体現しろ」と考える。

真人は腕の形を変え虎杖に攻撃を仕掛ける。

虎杖が逃げると、真人は腕をドリル状に変えて飛ばして攻撃する。

虎杖が伸ばした紐状の部分を掴むが、紐から棘が生えてくる。

が、虎杖は無視して掴み、真人を投げ飛ばしていく。

七海参戦

虎杖は地面を殴って真人の隙を作りながら真人に殴りかかる。真人は体から棘を生やして虎杖に反撃。

真人は「君じゃ俺に勝てないよ」「さっさと代わんなよ、宿儺にさ」と虎杖に触れ「無為転変」を発動していく。すると、宿儺が「俺の魂に触れるか」「共に腹の底から小僧を嗤った仲だ」「一度は許す、二度はない」「分を弁えろ、痴れ者が」と真人を追い出していく。

虎杖は真人の顔を掴み、「代わんねぇよ、言ったよな」「ブッ殺してやるって」と何度も頭突きをかます。

さらに、真人にラッシュをかけていくが、気づくと真人は虎杖の背後にいた。

虎杖の窮地に七海が駆けつけてきた。

<<前の話 28話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。