呪術廻戦

【呪術廻戦】27話のネタバレ【吉野順平が死亡】

呪術廻戦27話のネタバレを掲載しています。27話では、虎杖と順平の前に真人が現れ、順平を殺害していく。そして、虎杖が真人に今まで見せたことない激しい怒りを見せていく。呪術廻戦27話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦27話のネタバレ

順平死亡

虎杖と順平の前に真人が現れる。

順平が「待って、真人さん」と言うが、真人に虎杖が押さえつけられる。

虎杖は「馬鹿か俺は」「つぎはぎ顔の人型呪霊」「ナナミンが言ってたまんまじゃねーか」と考えていた。虎杖が「逃げろ順平」「コイツとどんな関係かは知らん」「けど今は逃げてくれ頼む」と言うが、順平は「虎杖君落ち着いて」「真人さんは悪い人じゃー」と返す。が、真人は「悪い人」「順平はさ、まぁ頭いいんだろうね」「でも、熟慮は時に短慮以上の愚行を招くものさ」「君ってその典型」「順平って君が馬鹿にしている人間のその次位には馬鹿だから」「だから死ぬんだよ」と「無為転変」で改造されていく。

虎杖に襲いかかる順平。虎杖は「今治してやるから」と宿儺に「なんでもする」「俺のことは好きにしていい」「だから俺の心臓を治した時みたいに順平を治してくれ」と言う。が、宿儺は「断る」と言い、「いいぞ、あの縛りはしっかり忘れているな」と考えていた。

宿儺が「矜持も未来もおまえの全てを捧げて俺に寄り縋ろうと何も救えないとは」「惨めだなぁ、この上なく惨めだぞ、小僧」と言うと、真人は「縛りを断った?」「魂の形は反転術式でどうこうなるものではないけれど、他人を治すのは専門外か?」と考えていた。

大笑いする真人と宿儺を見て「あぁ、そうかコイツらはどこまでいっても呪いなんだ」と考えていた。順平は「ゆ、うじ」「な、んで?」とすがりつきながら死んでしまった。

ブッ殺してやる

真人の顔面を思い切り殴りつける虎杖。真人は「けど残念、効かないよ」「魂の形を保っていー」と言うが、真人の鼻からは血が流れていた。

真人は「虎杖悠仁は器」「常に肉体の中に自分以外の魂が在る状態」「だから自然に近くしているのか魂の輪郭を」と考えていた。虎杖は今まで自分の口から出た言葉は全て嘘だったんじゃないかと思えるくらい腹の底からの本音で「ブッ殺してやる」と口にする。

<<前の話 27話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。