呪術廻戦

【呪術廻戦】26話のネタバレ【虎杖VS順平】

呪術廻戦26話のネタバレを掲載しています。26話では、虎杖と順平の戦いが描かれる。2人の戦いは決着を迎えるが、そこに真人の魔の手が忍び寄る!?呪術廻戦26話の内容を知りたい方はご覧ください。

呪術廻戦26話のネタバレ

順平の術式

虎杖が「俺は行くよ、ナナミン」と言うと、七海は「駄目です」「理由は今朝も言いましたね」「帳まで下りたとなると奴は生きている上里桜高校にいる可能性が高い」「すぐ戻ります」「虎杖君は待機していて下さい」と言う。七海は「言っても無駄でしょうね」と考えながら、二級術師の猪野にその場を託していく。

虎杖は「どいてくれ」と伊地知に言うが、伊地知は「私達の仕事は人助けです」「その中にはまだ君達学生も含まれます」「行ってはいけません、虎杖君」と止める。が、虎杖は伊地知の制止を聞かずに向かっていってしまう。

「澱月」を放つ順平。

虎杖は「クラゲの式神」「中に入られると打撃が効かない!?」と考えていた。順平が「もう一度言う」「引っ込んでろよ、呪術師」「関係ないだろ」と言うと、虎杖は「それはオマエが決めることじゃねぇ」と返していく。順平は「無闇な救済になんの意味があるんだ」「命の価値を穿き違えるな」と言いながら攻撃を放つ。

順平は「霊長ぶっている人間の感情、心は全て魂の代謝、まやかしだ」「まやかしで作ったルールで僕を縛るな」「奪える命を奪うことを止める権利は誰にもない」「そこで寝ててよ、僕には戻ってやることがある」と言う。順平は真人から「順平の術式は毒だね」「呪力から精製した毒を式神の触手から分泌する」「毒の加減、式神のサイズや強度の可変はこれから覚えればいい」「普通の術師が時間をかけてつかむ感覚は俺が教えられるからすぐに戦えるようになる」「順平、才能あるよ」と言われていた。

真人の魔の手

順平は虎杖に投げられ、「澱月」の毒が効いていないことに驚いていた。

飛んでくる虎杖に順平は「空中、身動きがとれない」「否、潰すなら着地寸前」と着地寸前を狙っていく。

が、虎杖が呪力をこめて思い切り地面を叩いたことで攻撃を防いでいく。

虎杖は「順平が何言ってんだかひとっつも分かんねぇ」「それらしい理屈をこねたってオマエはただ自分が正しいって思いたいだけだろ」「順平の動機は知らん、何か理由があるんだろ」「あの生活を捨ててまでのことなのか?」「人の心がまやかしなんてあの人の前で言えんのかよ」と言う。が、順平は「人に心なんてない」「ないんだよ、そうでなきゃ、そうでなきゃ、母さんも僕も人の心に呪われたって言うのか」「そんなのあんまりじゃないか」と返す。

順平が式神で攻撃するが、虎杖は躱さずに受け止めていた。

虎杖は「ごめん、何も知らないのに偉そうなこと言った」「何があったか話してくれ」「俺はもう絶対に順平を呪ったりしない」と言う。順平から事情を効いた虎杖は、「順平、高専に来いよ」「バカみてぇに強い先生とか頼りになるま釜がいっぱいいるんだ」「皆で協力すれば順平の母ちゃんを呪った奴もきっと見つかる」「必ず報いを受けさせてやる」「一緒に戦おう」と伝えるが、そこに真人が近づいて来ていた。

<<前の話 26話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。