呪術廻戦

【呪術廻戦】194話のネタバレ【憲紀の死亡フラグがやばい・・・】

呪術廻戦194話の要約と注目ポイントをまとめています。194話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦194話のネタバレ

命を燃やせ

直哉が真依のことを口に出すと、真希が睨みつけ起き上がる。そこに憲紀が血で攻撃を繰り出す。

憲紀は外に出して操った血液も循環させてまた体に戻して失血死を防いでいた。真希を失うわけにはいかない現状、憲紀が囮となり真希を結界の外に出すという作戦を立てようとする。

が、真希は「オマエが死ぬ」と断る。怪物になっても心は真希のままのようで安心しました。真希は内臓を痛めてるようだが、5分あれば傷は癒える模様。やっぱり化け物だ。一人だけやってることドラゴンボールなんだよなw

真希の勝算は2割と低かった。憲紀が時間稼ぎに直哉にタイマンを挑む。直哉のスピードは他に類を見ないレベルだったが、硬さに関しては花御よりだいぶましのな模様。トップスピードを出す時の丸くなった状態の時のみ自らの速度で自滅しないよう硬度が跳ね上がるが、その反動縛りで普段の硬度はそれほどでもなかった。

直哉の超スピードの攻撃に憲紀が吹っ飛ばされるが、直哉の吸入口に血を吹き込んで注入していく。

さらに、「穿血」を放っていく。

当主になれなかった憲紀は「誰にも必要とされないならば命を燃やせ、仲間達が命を燃やすのはせめて私の灰の上で」と死力を尽くして挑んでいく。いや、憲紀がどんどん死亡フラグ立ててて怖い。

相撲と刀

そこに突如泳者たちが乱入してくる。「相撲」と「刀」、いや意味わからんww

<<前の話 194話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。