呪術廻戦

【呪術廻戦】193話のネタバレ【直哉の最高速がマッハ3と判明wwwww】

呪術廻戦193話の要約と注目ポイントをまとめています。193話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦193話のネタバレ

加速

憲紀は直哉の攻撃の間に血を割り込ませ衝撃を和らげていた。それがなければ腕も首も飛ばされていたそう。あの描写的にどこか欠損してもおかしくなかったので、五体満足でよかった。

憲紀は「赤鱗躍動」を発動する。憲紀が「赤縛」を発動し身動きを封じたところを真希に狙わせるが、回転して受け流されてしまった。

この呪霊の正体が直哉と知った憲紀は「呪いに転じた個人がここまで自我を残すものなのか!?」と驚いていた。

直哉は「投射呪法」を応用し、空気を固定し拳で捉えて爆ぜさせるという離れ業をやってのけた。こんな使い方があるとは。このシーンくそかっこいいわ。

直哉は一時離脱し加速してくる。

マッハ3

幼体で音速を超えていた直哉のトップスピードはそれ以上の速度となる。真希はカウンターを狙っていく。「コッチは攻撃置いて待ってりゃいい」って音速超える攻撃に攻撃置けるのあなただからなんですよねw

直哉の音速超えシーン。直哉のアクションシーン本当かっこいいな。

呪霊直哉の体は音速で吸気口から取り込んだ空気をラム圧と呪力で圧縮し、体外へ排気することで更に推進力を得る。「ラム圧」って当たり前のように使わないでもらってもいいですかw?この漫画、やたら理系寄りになってきてません??

直哉の超速の攻撃はマッハ3に達し、真希でも捉えることはできなかった。ちなみにマッハ3は時速約3675km。新幹線の約10倍のスピード。

<<前の話 193話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。