呪術廻戦

【呪術廻戦】191話のネタバレ【直哉が呪霊で再登場www|加茂家現当主が羂索と判明】

呪術廻戦191話の要約と注目ポイントをまとめています。191話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦191話のネタバレ

加茂家25代目当主

前回、加茂家当主が変わったことが憲紀の口から明かされましたが、早速その人物が今回明らかに。25代目当主となったのはまさかの羂索。総監部をすでに手中に収めた羂索が加茂家を乗っ取っていたのであった。

つまり、羂索に盾突くということは呪術総監部を敵に回すということ。とんでもないスケールになってきましたね。

呪霊の正体

そして、桜島結界に現れた呪霊の正体もさっそく明らかになる。その正体はまさかの直哉wこれはまさかすぎんだろwww

ちなみに真希が「速い、だけじゃないこの感じ」と感じていたことから、投射呪法も使える模様。このイモ虫の見た目で亜音速で動くってシュールすぎんだろwアニメで見たすぎるわww

いやあ、直哉の再登場にはビビりましたね。直哉は清々しいほどのクズだったので歓喜してる人も多そうwただ、この見た目的に完全にボコされるルートしか見えないのが残念ですw

<<前の話 191話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。