呪術廻戦

【呪術廻戦】189話のネタバレ【秤の不死身能力がやばすぎるwww】

呪術廻戦189話の要約と注目ポイントをまとめています。189話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦189話のネタバレ

豪運

秤が領域展開を発動するも確変は終了しており、大当たり確率は1/239の絶望的状況。が、時短潜伏からの突発大当たりで一発で大当たりを呼び込み致命傷を回復させる。こういう豪運キャラってかっこいいわ。

鹿紫雲の弱点

最強と思われた鹿紫雲の能力にも弱点があることが判明しました。それは海中。電気と同質の鹿紫雲の呪力は海中に一度流れると空になるまで止まらなくなる。海中で呪力が無くなるなで放出するか陸に上がるまで完全に呪力を絶つしかなくなってしまう。

それを見抜いていた秤は領域の結界を海上にズラしており、領域解除後鹿紫雲は海に落ちそうになる。が、呪霊が現れ足場にして海に落ちるのを回避した。が、秤の追撃で呪力を放出したまま海に落とされていく。

電気分解

鹿紫雲は海水を電気分解し、人類初の化学兵器として使用された猛毒塩素ガスを発生させていた。塩素ガスを吸い込み意識を失った秤が海に落ちていく。

今回も反転術式の新情報が明かされました。反転術式は毒物にも弱い模様。毒にやられた場合は原因物質の特定に除去とより高度な反転術式の運用が求められるため、簡単に回復することはできないらしい。

が、フルオートの反転術式が行われている秤は毒物の特定除去も無意識下で可能としており、普通に復活し鹿紫雲を殴りつける。不死身が終わるまで残り5秒。が、秤は海上に上がらず海中での決着を望んでいく。

<<前の話 189話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。