呪術廻戦

【呪術廻戦】187話のネタバレ【かつての鹿紫雲がやばい・・・】

呪術廻戦187話の要約と注目ポイントをまとめています。187話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦187話のネタバレ

秤の領域は必中効果が無害なため、押し合いに強く術式の発動も速い。そのスピードは渋谷での真人をも凌ぐ。鹿紫雲は「彌虚葛籠」の発動を諦めるより速く「坐殺博徒」のルールを理解させられた。私鉄純愛列車は確変ループタイプであり、秤はこれから大当たりを引くことが既定路線の確率変動に突入していた。

鹿紫雲が「オマエ今不死身じゃねぇだろ」と言うと、秤は「適度を楽しむ博打なんてあり得ねぇってこった」と返した。鹿紫雲が秤の動きを上回る体術を繰り出すと、秤は「続行」と言い放った。

「擬似連」、1シークエンスのやり直し。私鉄純愛列車では1度目の発動で大当たり確率が20%を超える期待度の高い演出。そのため通常時では不発のリスクが高く、秤は基本確変時以外では使用しない。再び鹿紫雲に殴られ続けると今度は「継続」と叫びリーチとなる。

うっかり特快リーチとなりキャラクターが何事もなく新百合ヶ丘まで辿り着けば大当たりとなる。6が揃い大当たりとなる。

音楽が始まり秤は4分11秒の無敵モードに突入した。鹿紫雲は「この大当たりは偶数図柄を揃えたもの、4分11秒後に再び領域を展開したとしても確変は終了している」「この4分11秒をいなしてしまえば俺の勝ちだ、それは雑魚の思考だ」と4分11秒の間に不死身の秤を殺そうと考えていく。

羂索が何者かの元を訪れていた。

男は手練を圧倒しており「やはり貴様と戦るべきだった」と言うが、羂索は「今は特に戦闘向きじゃないんだ」と返した。「陸奥に面白いのがいるらしいよ、あの伊達藩で歴代一の呪力出力だそうだ、まさに大砲さ」と伝えると、男は「陸奥か、遠いな、もはや眉唾かどうかさえ」と言いながら吐血していた。

男が羂索に知っている最強の術師を聞くと、羂索は「600年も前で申し訳ないがこれは譲れない」と宿儺と答えた。男は「では、例の話甘んじて受けよう、さすれば宿儺と戦れるのだな」と羂索の話を受け入れ、それがかつての鹿紫雲であることが明らかになった。

<<前の話 187話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。