呪術廻戦

【呪術廻戦】186話のネタバレ【秤の術式能力がマジのガチで最強wwwww】

呪術廻戦186話の要約と注目ポイントをまとめています。186話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦186話のネタバレ

秤の一撃で鹿紫雲が吹き飛ぶ。

秤がノリノリで蹴りを繰り出すと鹿紫雲はギリギリで躱し、自身の呪力特性をほぼ無視できていることに気づき名前を問う。特性や術式効果はシンプルな呪力による肉体強化では防ぎづらく、それらを無視できるだけの呪力量と出力を秤が有していた。

秤を「面白い」と評価した鹿紫雲が名乗ると、秤は鹿紫雲が100点ホルダーであることに気づいた。秤が「俺が勝ったら100点使わせてくれよ」と言うと、鹿紫雲は了承し「宿儺について知ってることを吐け」と返した。

秤はトぶほどの漲るボーナスの呪力を得ていく。

秤は鹿紫雲の攻撃をモロに喰らっていくが意に介せず殴り返していく。

激しい近接戦が続くと、鹿紫雲が「もう充分溜まったろ」と溜めた電気を繰り出し秤の腕を吹っ飛ばした。

鹿紫雲が一気に畳み掛けようとするが、腕を失った状態でも秤は反撃した。そして、吹っ飛んだ腕が復活していた。

「坐殺博徒」で大当たりを引いた秤にはボーナスとしてラウンド中(大当たり直後私鉄純愛列車主題歌「あちらをタてれば」が流れている4分11秒間)無制限に呪力が溢れ続ける。秤は反転術式を習得していないが、無限に溢れる呪力で秤自身が壊れぬように肉体が反射で反転術式を行う。秤は大当たり直後4分11秒間不死身となる。加えて、ラウンド中に呪力と焼き切れた術式が回復するため、大当たりを引き続ける限り何度でも領域を展開できる。

<<前の話 186話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。