呪術廻戦

【呪術廻戦】184話のネタバレ【パンダお姉ちゃん核判明もまさかの死亡!?|鹿紫雲一の術式が明らかに!!!】

呪術廻戦184話の要約と注目ポイントをまとめています。184話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦184話のネタバレ

パンダはコンテナの上で非常に強い血の匂いを感じ取っていた。

「だが、この状況を作った本人の呪力は微弱だ」「こういうON・OFFができる奴は手練れの可能性が高い」と考えていた。パンダの役目は天使の捜索と交渉で戦闘は秤に任せるつもりだったが、結界入場時のランダム転送ではぐれてしまっていた。

パンダが移動を始めると鹿紫雲と遭遇してしまう。

鹿紫雲がコガネを呼び出しパンダが泳者と教えてもらうと、一瞬で間を詰めパンダの体を拳で貫いていく。

パンダは鹿紫雲のとんでもなく速く重い一撃で驚いていく。さらに、鹿紫雲の呪力が伏黒の鵺のように電気のような性質で防御不能であることに気づく。

パンダはゴリラモードに変身し「だがそれは俺も同じだぜ」とドラミングビートで反撃した。

が、鹿紫雲はパンダの腕を絡め取り引きちぎっていく。

パンダは鹿紫雲が投げた自身の腕と武器のフェイントにかかり、隙を突かれラッシュを浴びる。

パンダは吹っ飛ばされ動けなくなってしまう。鹿紫雲が宿儺の居場所を聞くが、パンダは「叔父さんがそんな名前だったかな」ととぼけた。そして、姉の核に変身していく。

鹿紫雲は電気と同質の自らの呪力を電荷分離する。打撃と共に対象にプラス電荷を移動させ、自身に蓄えたマイナス電荷を地面方向への放電をキャンセルしつつ対象へ誘導する。この一撃は領域を展開するまでもなく必中の大気を裂く稲妻である。

パンダを戦闘不能に追いやった鹿紫雲が改めて宿儺の居所を聞く。

<<前の話 184話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。