呪術廻戦

【呪術廻戦】183話のネタバレ【秤の術式・領域展開がクソやばいwwwww】

呪術廻戦183話の要約と注目ポイントをまとめています。183話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、呪術廻戦の内容を振り返りたい方はご活用ください。

呪術廻戦183話のネタバレ

シャルルの脳内に秤の術式情報が流れ込む。

秤が緑の玉を放つと赤いシャッターがシャルルに襲いかかる。

そして、リーチがかかりリーチアクションによりステージが変化した。

主人公の夕輝が改札を通り定時に出社できれば大当たりとなる。シャルルが夕輝に攻撃するがあくまで演出なので妨害は無意味だった。予告やリーチの顛末はシャルルの術式でも予知できない。ハズレば通常ステージに戻り、秤が当たりを引くか倒されるまでこの繰り返しとなり、秤が大当たりを引けば自分は負けるとシャルルは状況を把握していった。

シャルルは「「私鉄純愛列車」は中村キャンディ氏による青年ラブコメの金字塔だ」「それを賭け事のコンテンツとし消費するなど言語道断」と作品を冒涜されたことに怒り攻撃を繰り返していく。

次は期待度の高い金シャッターが出現する。

秤は「俺さ、甘でもマックスでも30回以上ハマったことねぇんだわ」と言い放ち、期待度80%の華金終電リーチとなる。

向かいのホームにいる夢が終電に乗って帰らずに再び姿を現せば大当たり確定の劇熱リーチだった。シャルルは未来に集中できず夢が帰ってくれていることを祈ると、ホームには夢の姿がなかった。

シャルルが「運ではなく実力で勝負していたら勝っていたのはアナタだったかもしれませんね」と言うが、夢はこっちのホームまで来ており、秤は「違うな、実力で運を掴むんだよ」と言い放つ。

<<前の話 183話 次の話>>

【呪術廻戦】全話・全巻ネタバレ一覧【最新話あり】呪術廻戦の全話のネタバレをこちらから読むことができます。呪術廻戦の今までの話を振り返りたい方は是非ご覧ください。...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。